すち子、池乃めだかなど人気芸人たちとVRで共演できる!ジョリーグッドとよしもとが「吉本新喜劇VR」をサービス開始!

PR TIMES / 2018年10月9日 11時40分

~10月11日(木)なんばグランド花月からスタート~

株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)は 、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー(大阪府大阪市、代表取締役社長:藤原寛、以下 よしもと)と、高精細VRサービス「吉本新喜劇VR」を開始します。
 「吉本新喜劇VR」は、吉本新喜劇の人気芸人たちと一緒に舞台に立ち、出演者目線でなんばグランド花月の公演を、360度体験することができるサービスです。人気キャラクターの“すち子”や、大御所の池乃めだかの間近で、ユーザー自身が出演者になり吉本新喜劇に参加しているように楽しむことができます。本サービスでは、VRでしか体験できない吉本新喜劇の新しい楽しみ方をユーザーへ提供します。
 また本サービスは10月11日(木)から、なんばグランド花月劇場内の特別サービスとして提供します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/20924/41/resize/d20924-41-952637-2.jpg ]


■吉本新喜劇の生の掛け合いを目の前で!VRだから実現した新しい楽しみ方
「吉本新喜劇VR」では、なんばグランド花月の舞台上でユーザー自身が出演者の一人となり、公演を体験することができます。実際の舞台セットの中に入り込み、目の前で繰り広げられる芸人たちの生の掛け合いと客席からの笑い声は、観客席からの新喜劇とは異なる新感覚の面白さを体感できます。
人気キャラクターの登場シーンからオチまで、何度も巻き起こる笑いを、出演者の一人となったような感覚で疑似体験し、楽しむことができます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/20924/41/resize/d20924-41-587234-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20924/41/resize/d20924-41-542208-1.jpg ]

ジョリーグッドとよしもとは、今後もテクノロジーを活用した新しいお笑い体験を共同で開発し、提供していきます。

<なんばグランド花月>
場所:大阪府大阪市中央区難波千日前11番6号 なんばグランド花月・劇場建物内
日程:10月11日(木)よりサービス開始
料金:1回 500円
※なんばグランド花月の公演チケット、または公演チケットの半券をご提示で300円(200円割引)


■高精細VR開発サービス GuruVR (グル・ブイアール)
「吉本新喜劇VR」は、ジョリーグッドが提供する高精細VR開発サービス「GuruVR」で開発されています。
  https://guruvr.jp/

■株式会社ジョリーグッドについて
ジョリーグッド( https://jollygood.co.jp/)は、高精度な“プロフェッショナルVRソリューション”と、VR空間のユーザー行動を解析するAI エンジンなどを開発するテクノロジーカンパニーです。先端テクノロジーをギークやマニアだけでなく「地域の生活者や企業が活用できるテクノロジープラットフォーム」にデザインして、数多くの企業や自治体に提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング