1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

スリーシェイクの技術顧問に 松本亮介 氏が就任

PR TIMES / 2021年10月1日 11時15分

SREのプロフェッショナル集団である株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉田拓真)は、松本 亮介 氏が当社技術顧問に就任したことをお知らせいたします。



スリーシェイクでは、SREの導入に向けたコンサルティングやCloudNative領域に特化した技術支援などを展開するSRE総合支援サービス「Sreake」を提供しておりますが、その中で我々が培ってきたノウハウや顧客ネットワークを活用した、運用最適化のためのプラットフォーム開発プロジェクトを始動いたしました。
松本氏には、本プロジェクトにおけるビジョンに共感いただいたことをきっかけに技術顧問に就任いただく運びとなりました。

松本氏を当社技術顧問として迎えることにより、SREをより滑らかにあらゆる企業に導入できるプラットフォームの開発につながるものと考えております。

[画像: https://prtimes.jp/i/24873/41/resize/d24873-41-ddfc8f5a8664f785c639-0.png ]


■松本 亮介(まつもと りょうすけ)氏
さくらインターネット研究所上級研究員、京都大学博士(情報学)、情報処理学会各種幹事・委員、ITRC各種委員、松本亮介事務所所長、その他複数社の技術顧問。
2018年11月より現職のさくらインターネット研究所で上級研究員を務める。第9回日本OSS奨励賞や2014年度情報処理学会山下記念研究賞など、その他受賞多数。2016年に情報処理学会IPSJ-ONEにおいて時流に乗る日本の若手トップ研究者19名に選出。
(松本亮介氏の研究・開発業績ページ: https://research.matsumoto-r.jp/

■松本 亮介氏より、就任にあたってのコメント
かつて、17年前の大学生の頃にインターネット技術の将来性に感銘を受け、自分のマンションの部屋にサーバやスイッチを沢山置き、まるでデータセンターのようにしてサーバを管理していました。それから趣味がサーバ管理や関連する運用技術となり、その後、様々なWebサービスやクラウド・ホスティングサービスの基盤技術に関わってきました。その中で、SREのような信頼性の観点からのプラクティスや運用技術をいかにプロダクトに落とし込んだ上でサービスとして提供していくか、いつかはそういうプロダクトを作りたいと思うようになっていました。ある種のそういった自分が夢のように思っていたことを、スリーシェイクさんはすでに実現しようと取り掛かっており、その話を聞いたときにどうにか自分も貢献できればと思い、すぐに「是非やらせてほしい」と申し上げたことを覚えています。わたし自身も、スリーシェイクさんのこれからリリースされていくプロダクトがより良いものになり、もっと知っていただけるように貢献していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは「テクノロジーを価値に変え、社会の根幹を支える」を掲げ、2015年に設立したテクノロジーカンパニーです。社会の根幹を支えるイノベーティブなプロダクトを連続的に生み出すことをミッションに、汎用性の高いインフラシステムの開発・提供をしています。

会社名 :株式会社スリーシェイク
代表者 :代表取締役 吉田 拓真
所在地 :東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3F・4F
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営
データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」開発・運営
セキュリティサービス「Sreake Security(スリークセキュリティ)」運営
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営
会社HP : https://3-shake.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング