DSM、吉田カバン創業85周年記念モデル PORTER「フリースタイル」シリーズ新製品へDyneema(R) Bonded Leatherを提供

PR TIMES / 2020年8月6日 13時45分

世界最強の繊維Dyneema(R)繊維を持つDSMが画期的ななめし技術に定評のあるECCO Leather社と最新技術を駆使して共同開発したハイブリッドレザーを使用した新製品

栄養、健康、持続可能な暮らしの分野で事業を展開するグローバル・サイエンス企業であるRoyal DSMは、日本の老舗カバンメーカーである株式会社吉田(以降、「吉田カバン」という)が販売する PORTER「フリースタイル」シリーズの新製品に、ECCO Leather社とDSMが共同開発した、市場で最も薄く強いハイブリッドレザーDyneema(R) Bonded Leatherが採用されたことを発表しました。



DSMとECCO Leather社は、鉄の15倍の強度を誇り、世界最強の繊維と言われるDyneema(R)繊維を、ECCO Leather社の高品位レザーにボンディング加工することで、独特な質感を持つハイブリッドレザーDyneema(R) Bonded Leatherを共同開発しました。通常、レザーの薄さを極限まで追求すると、耐久性が低下する懸念がありますが、Dyneema(R)繊維の軽量高強度の特性を活かすことで、極めて薄く高強度のハイブリッドレザーDyneema(R)Bonded Leatherが実現しました。吉田カバンは、同社の創業85周年を記念し、Dyneema(R) Bonded Leatherを使用したPORTER「フリースタイル」 シリーズの新製品を開発し、7月29日に発売しました。


2004年に発売されたPORTER「フリースタイル」シリーズは、“レザーの風合いが好きな人にもっと気軽に持てるシリーズを”というコンセプトのもと開発され、15年以上もの間、PORTERブランドの定番として愛され続けています。 吉田カバンは創業85周年を記念し、“リアルなレザーをより軽く扱いやすく”すべく、DSMとECCO Leather社が最新技術を駆使して開発したDyneema(R) Bonded Leatherを採用することで、「フリースタイル」シリーズのコンセプトを現代的にアップグレードすることに成功しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/29768/41/resize/d29768-41-473374-0.png ]



吉田カバン創業85周年を記念し、Dyneema(R) Bonded Leaderを使用したPORTER「フリースタイル」 シリーズの新製品(写真:吉田カバン提供)

DSMプロテクティブマテリアルズ事業本部 コンシューマー&プロフェッショナルプロテクション部門のグローバルビジネスディレクター、Marcio Maniqueは、次のようにコメントしています。「日本の老舗カバンメーカーの創業85周年モデルにDyneema(R)繊維が採用されたことを非常に誇りに思います。Dyneema(R)繊維は、鉄の15倍の強度を持ちながら、水に浮くほどの軽さを備えています。DSMでは、Dyneema(R)繊維の優れた特性を活かし、業界を代表するメーカーや最先端ブランドとコラボレーションを強化しています。これにより、既存の製品に比べて、より強く、軽く、丈夫で、快適さを兼ね備えた生地や素材でできた、性能を重視したアパレル、フットウェア、アクセサリーの企画・開発に貢献しています。」

画期的ななめし技術で定評のあるECCO Leather社は、プレミアムレザーのみが有する上質かつオーガニックな風合いを備えたDyneema(R)繊維をレザーのボンディング加工において採用しました。

ECCO Leather社のCEO、Panos Mytaros氏は次のように述べています。「当社が誇るレザーの基準に妥協することなく、Dyneema(R)繊維の最高レベルの耐久性と超軽量といった特性を融合した、高品質のレザーを提供してみたいと考えました。」

Dyneema(R) Bonded Leatherの魅力は、なめし、ボンディングといった加工に加え、念入りな中間、最終処理といった一連の工程を経て生み出されるものです。最初の課題は、漉いた上質の牛革にDyneema(R)を効果的にボンディングする工程でした。ボンディング加工では、第二段階と最終段階で行うなめし加工に耐えうる十分な接着品質を維持することが必要でした。ECCO Leather社では、このボンディング加工後、レザー製品が持つ自然な質感を引き出すように設計された伸長、圧延、転回、留め、仕上げといった工程を通して素材の持つ特長を最大限に引き出しています。

これにより、Dyneema(R)が有する他に類を見ない繊維構造の特長と、レザー独自の雰囲気が調和した繊細かつ自然な質感を兼ね備えた個性的な皮革が生み出されるのです。ECCO Leather社のDyneema(R) Bonded Leatherは、引張強度だけではなく、レザーの品質を超軽量で実現することで性能面でも優れています。最終的に、機能性や性能を重視することはもちろん、見た目と触り心地の両面でも他を圧倒し、ファッション業界の期待を凌駕するレザーです。「ECCO Leather社と共同開発したDyneema(R) Bonded Leatherは、無限の可能性を秘めた次世代の素材なのです。」とManiqueは述べています。

吉田カバンの広報 岡田博之氏は、次のようにコメントしています。「今回、吉田カバンの創業85周年記念モデルの素材として、ECCO Leather社とDSMの共同開発によるDyneema(R) Bonded Leatherを採用できたことを喜ばしく思います。Dyneema(R) Bonded Leatherは、アニバーサリーモデルとしてふさわしく、比類なきパフォーマンスを備え、優れた性能、レザー感といった特性すべてを併せ持った次世代の超軽量素材です。想像をはるかに超える応用が期待できるイノベーティブな素材で今後の展開にも注目しています。PORTER FREE STYLE Dyneema(R) Leatherは、7月29日(水)より、PORTER 表参道にて、先行販売をしており、他のショップでも展開を予定しています。ぜひ、店頭でご覧いただければと思います。」


DSM – Bright Science. Brighter Living.™

[画像2: https://prtimes.jp/i/29768/41/resize/d29768-41-504873-1.jpg ]


Royal DSMは、栄養、健康、持続可能な暮らしの分野において意欲的に事業を展開する目的主導型のグローバル企業です。DSMは、すべての人々の生活を豊かにすることを目指しています。ステークホルダーの皆様、すなわちお客様、社員、株主の皆様、そして社会全体に対して経済的、環境的、社会的価値を創出しつつ、自社の製品とソリューションを駆使し、世界で最も重大な課題の解決に取り組んでいます。DSMは、食品や栄養補助食品、飼料、パーソナルケアおよびアロマ、医療機器、環境に配慮した製品および用途、新たなモビリティとコネクティビティの分野においてイノベーティブなソリューションを提供します。DSMおよび関連会社の年間の純売上高はおよそ100億ユーロで、社員数は約2万3,000名です。1902年に設立されたDSMは、Euronext Amsterdamに上場しています。詳細はwww.dsmjapan.comをご覧ください。

* 本リリースは2020年7月29日に DSM 社から発表されたプレスリリース「DSM announces Dyneema(R) Bonded Leather for new PORTER Freestyle line luxury bags」(URL: https://www.dsm.com/dyneema/en_GB/about-us/latest-news/dsm-announces-dyneema-bonded-leather-for-new-porter-freestyle-line-luxury-bags.html)を抄訳したものです。本リリースの正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。


将来予測に関する記述
本プレスリリースには、DSMの将来の(財務的な)実績と状況に関して、予測に関する記述が含まれている場合があります。当該記述は、DSMの現時点での予想、推計、予測、および当社にとって現時点で入手可能な情報に基づいています。当該説明には予測困難な特定のリスクと不確実性が含まれるため、多くの要因により実際の業績と状況が当該説明と大きく異なるものになる場合がある点につきご留意ください。DSMは、本プレスリリースに記載された将来予測に関する記述について、法律により義務付けられる場合を除き、最新情報を提供する義務を負いません。なお、英語版のプレスリリースが優先されます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング