建設業DXの核心に切り込む。20年の業界知見×テクノロジーのフル活用で工事受発注を簡単に

PR TIMES / 2020年10月5日 11時33分

Craftsmen(職人/工事会社)の情報を、Bank(蓄積)する。クラフトバンク株式会社に社名変更

建設業に特化した受発注プラットフォーム「CraftBank(クラフトバンク)」( https://craft-bank.com/ )の運営および内装工事業を展開するユニオンテック株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:韓英志)は、2020年10月1日付けで「クラフトバンク株式会社」に社名変更いたします。
建設会社として20年間培ってきた業界知見と実績、そして日本最大級の工事会社情報を蓄積したサービスという「リアルとテックの融合」を最大限に生かし、事業の拡充ならびに提供サービスをお客様により理解していただきやすくするため、サービス名と社名を統一しました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/31121/41/resize/d31121-41-799234-0.jpg ]





クラフトバンクのサービスについて


2016年にスタートした建設工事受発注プラットフォーム「クラフトバンク」 は、日本全国20,000社以上の建設会社が登録する「工事を発注したい建設会社」と「工事を請けたい職人/工事会社」をつなぐサービスです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31121/41/resize/d31121-41-253755-1.jpg ]

建設業界における受発注の課題をより解決していくため、10月1日よりサービスを拡充し、これまでの工事会社検索機能や紹介サービスに加え、新たに、発注者・受注者双方にとって、安心かつ効率的に受発注が行われるよう、完工保証付きの請負サービスをスタートいたします。(詳しくはこちら https://corporate.craft-bank.com/services/
[画像3: https://prtimes.jp/i/31121/41/resize/d31121-41-435565-2.png ]



2000年の創業時から約20年間、いち建設会社として、建設業界と向き合い続ける中で実感してきた「人手不足」や業務非効率さに表れる「IT化の遅れ」。

『適切な発注先が探せない』『新しい受注先に出会えない』という、長年そのままにされてきた「情報の非対称性」によって、建設工事の受発注には多くのミスマッチが生まれ、非常に高い労力や時間のコストがかかっていました。
また、昨今のような大きな社会変化により、このような商習慣の変革が急がれています。

工事会社の施工力情報は、建設会社が工事案件の受発注を判断する場面において必要不可欠なデータです。
クラフトバンクはこれらのデータ(※1)を約8,000社分蓄積。さらに、対応可能な工事内容など、技術に関するもののみならずそれぞれの主要取引先や売上、希望人工単価までも網羅しており、クラフトバンクしか持っていない日本最大級のデータベースとなっています。これにより、工事会社のスキルが可視化され、適切なマッチングによる効率的な受発注の仕組みを実現しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/31121/41/resize/d31121-41-294317-3.jpg ]

長い間、時間と労力を費やすアナログな受発注構造が続いてきた建設業界で、クラフトバンク は「必要な情報」「高い適合率(※2)」「スピード」を兼ね備えたサービスの提供によりミスマッチを解消します。

当社が20年間建設会社として培ってきた「業界経験」と、その経験を「サービス」という形で世の中に生み出す力を持ったネットビジネスチームとの融合を最大限に生かし、建設業界の当事者だからこそできる、業界の実態に寄り添った新しいサービスの提供と同時に、自らも時代に即した建設会社へと進化してまいります。


※1…主要取引先、対応可能工事(工事種別、建物種別夜間、エリア、材工請負等)、希望人工単価、自社職人・施工管理者数、保有資格、加入保険、昨年度売上など
※2…データベースより紹介した工事会社との面談合格率



代表取締役会長 大川祐介よりコメント


「クラフトバンクというサービスをスタートしてから4年。クラフトバンクは、20,000社以上もの建設会社にご登録いただけるまで成長しました。これからの会社としての使命は「世界一魅力的な業界をつくる」というビジョンを実現すること。そのために成し遂げていくべきことの答えが、この「クラフトバンク」というサービスです。『目の前のひとりのお客さんだけではなく、建設業に関わる人を幸せにすることで社会が幸せになる』という思いのもと、サービス名と社名を統一することで意思表明し、僕たちがやるべきことをしっかりとやっていきます。」




概要


新社名:クラフトバンク株式会社
旧社名:ユニオンテック株式会社
英語表記:CraftBank, Inc.
変更日:2020年10月1日



クラフトバンク株式会社について


2000年、内装仕上げ工事業として創業。30億超の売上げまで拡大。2016年より建設業界の受発注に特化したオンラインプラットフォーム「CraftBank(クラフトバンク)」の運営開始。2020年、サービス名と社名を統一すると同時に、日本最大級の工事会社施工力データベースを用いてサービス拡充。登録社数は約20,000社に上る(2020年10月時点)。

ビジョン   :世界一、魅力的な業界をつくる
社名     :クラフトバンク株式会社
所在地    :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F
資本金    :1億円
代表取締役社長:韓 英志
事業内容   :建設工事受発注プラットフォーム「CraftBank(クラフトバンク)」の企画・開発・運用、
        ショップ・オフィス・住宅の企画・設計・施工
コーポレート : https://corporate.craft-bank.com/
サービスサイト: https://craft-bank.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング