英国大学の著名な教授陣の講義が受けられる短期コース、日本で開講

PR TIMES / 2014年4月15日 10時43分

『バーミンガム大学 開発学・国際関係学 短期特別プログラム』4月15日から受付開始

留学サポートや英語学校事業など、留学のトータルサポートを提供するBEO株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・テイラー[元ブリティッシュ・カウンシル マレーシア エデュケーション ディレクター]、以下beo)は、2014年6月6日(金)から新宿、大阪で開講する、英国国立バーミンガム大学(University of Birmingham)の短期特別プログラムの一般申込み受付を4月15日(火) から開始しました。



<コース詳細> http://www.birmingham.jp/news/lecture_201406.html


「バーミンガム大学 開発学(*1)・国際関係学(*2) 短期特別プログラム」は、バーミンガム大学とbeoの共同提供によるもので、イギリス現地からの生中継で講義を受けます。授業は全編、英語により行われます。当講座を修了すると、バーミンガム大学から正式な「Certificate(修了証)」が授与されます。

講師を務めるバーミンガム大学の教授陣は、国際的研究機関の主要メンバーやネパール政府の国際アドバイザーを務め、著作物も多数発行するなど、当分野の研究および活動におけるスペシャリストです。

海外の大学の授業を体験してみたいという方、国際開発学の分野で留学を検討している方、すでにお仕事で国際開発、国際協力に携わっている方など、幅広い方を対象としています。

バーミンガム大学は1825年に設立された国内でも歴史の古い伝統校であり、イギリス版アイビーリーグと称されるラッセルグループの一員です。国際開発学コースが所属する政治科学・国際学部(POLSIS)は、2014年のガーディアン紙によるランキングで政治学部門において第10位に、社会学部門において第8位にランクインしています。

(*1) 開発学:発展途上国の貧困解消や、国家間の開発援助政策を研究対象とする学問。イギリスの歴史と密接に関連し発展してきたため、イギリスは開発学の本場ともよく称され、国際機関・NGO・政府機関などでの活躍を目指す人の留学先として人気が高い。

(*2) 国際関係学:国際社会における国家間・民族間の問題・事象を研究・分析する学問。20世紀始めにイギリスで誕生した学問で、研究対象は政治・経済・戦争・国際法など幅広い。開発学とも密接に関連している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング