レピカ、ブルーチップと連携し地方スーパーを支援 青森県の地場スーパーマーケット初!

PR TIMES / 2014年11月17日 12時9分

スーパーカケモが電子マネー機能付きポイントカードを11/17より提供開始

カード・メール事業を中心に企業向けの販促ソリューションを提供する株式会社レピカ(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介、以下レピカ)は、ブルーチップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮本洋一、 以下ブルーチップ)と共同でスーパーマーケットや中小・小売り店舗を対象とした営業支援事業をおこなっており、この度、青森県を中心に展開する食品スーパー、スーパーカケモにおいて、電子マネー機能付きポイントカード「カケモハッピーカード」が採用されたことを発表いたします。



カード・メール事業を中心に企業向けの販促ソリューションを提供する株式会社レピカ(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介、以下レピカ)は、ブルーチップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮本洋一、 以下ブルーチップ)と共同でスーパーマーケットや中小・小売り店舗を対象とした営業支援事業をおこなっており、この度、青森県を中心に展開する食品スーパー、スーパーカケモにおいて、電子マネー機能付きポイントカード「カケモハッピーカード」が採用されたことを発表いたします。

「カケモハッピーカード」は、ブルーチップのポイントカード機能にレピカがASPで提供する店舗向け販促ソリューション「point+plus(ポイントプラス)」の電子マネー機能を搭載した即時発行可能な会員向けカードです。11月17日より全4店舗での提供を開始いたします。

現在、スーパーカケモでは、スーパーマーケット全店にてブルーチップが提供する地域共通ポイントシステム(BEAM)を活用した会員向けポイントカード「カケモハッピーカード」を発行しております。ポイント加算の対象となる店舗は、スーパーマーケットにとどまらず、ガソリンスタンドや理容店など「カケモハッピーカード」加盟店にまで及びます。ポイントの貯めやすさや利便性からポイント会員利用率は現在80%にのぼり、貯めたポイントをお買い物券やギフト商品と交換できる点、また地域及び自社イベントで利用できる点などで高い顧客支持を得ています。

スーパーカケモでは、さらなる顧客へのサービス強化、またレジ効率の向上を目的として、電子マネーの機能に着目。今後予想される大手流通企業の地方進出にも備え、今回のサービス導入に至りました。

レピカは、地方大手総合スーパー5000店舗へポイントシステムの提供をおこなうブルーチップと2012年12月に業務提携をし、スーパーチェーン及び、中小・小売り店舗を対象とした営業支援事業をおこなうことを目的にかかげ、流通大手との差別化を図る地方スーパーの取組みをサポートしております。今後もサービスを提供する「企業」とサービスを受ける「ユーザー」の間に立ち、その関係がより良好かつ親密なものになるよう貢献してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング