アートでつながる支援システム「ART GIVING Project」2013年4月18日始動

PR TIMES / 2013年4月18日 13時20分

「3.11は、まだ終わっていない、継続的な支援の実現へ」第一線で活躍するクリエイターが集結

アートギビングプロジェクト実行委員会(実行委員:ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン合同会社・本社 東京都渋谷区/株式会社アマナイメージズ・本社 東京都品川区/被災地支援団体“ふんばろう東日本支援プロジェクト”)はこのたび、継続的な被災地支援システム“ART GIVING Project”を発足し、4月18日より始動致します。



 東日本大震災から、2年の歳月が経ちました。しかし、大きな被害を受けた被災地の本格的復興はこれからです。私たちは、未曾有の災害に巻き込まれ、未だ傷の癒えない東北の人々を前にして、被災地で支援しようともがくフォトグラファーやアーティストなど、多くのクリエイターに出会いました。また、支援したい気持ちがあっても行動に移せず心を痛めている方々にも多く出会いました。そこで、アートやクリエイティブを生業とする私たちが、自らのプロフェッショナリティを発揮する事で、今、求められている「継続的な支援」が行えるような、新たなプラットフォームを作れないか、その想いから“ART GIVING Project”の立ち上げに至りました。

 プロジェクト始動第1弾として、第一線で活躍するフォトグラファーやビジュアルアーティストたちの作品提供による、ストックフォトサービス“Stock ART GIVING”を4月18日より開始致します。今回、参加いただいた12名のクリエイターによる約320点の作品はいずれも、さらなるアイデアやクリエイティブにつながる素晴らしい作品ばかりです。本プロジェクトが目指す、「継続的支援」を実現する取り組みとして、新たに参加いただいたクリエイターの紹介および作品提供も、順次、行ってまいります。

 ART GIVING Projectは、今後もARTをテーマとしたさまざまなプロジェクトの展開を予定しています。「被災地の方々に、未来を担う子供達に。アートの力で元気を」。この趣旨のもと、被災地からの声や参加者のアイデアを取り入れた、必要とされる支援を行っていきたいと考えています。


【プロジェクト第1弾 「Stock ART GIVING」について】
■『アートを「提供する」×「使用する」=すべての行動が支援に』
「Stock ART GIVING」は、アーティストから提供いただいた作品の画像データを、ストックフォトサービスのシステムを活用した専用サイトで販売するサービスです。使用料は、3~5万円程度を目安とし(用途や期間、印刷部数などによって異なります)、第一線で活躍するクリエイターたちの作品を、手軽に広告活動やメディアのコンテンツなどにご利用いただけます。この作品使用料(一部を除く)が支援金として被災地支援に役立てられます。
※「Stock ART GIVING」は、ストックフォトビジネスにおける実績とノウハウを持つ(株)アマナイメージズが運営する「amanaimages.com」のシステムを利用しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング