1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

年賀状の本質を追求し辿り着いたこの形。アフターコロナにこそ出したい“最高峰の写真年賀状”サイトが発売開始

PR TIMES / 2023年10月31日 14時45分

年賀状作成サービス「年賀家族」が11月1日(水)より販売スタート

はがき印刷等のWEBサービス開発・運営を手掛ける、株式会社ソルトワークス(所在地:北海道札幌市、代表取締役CEO:鶴尾 康)は、年賀状作成サイト「年賀家族2024」にて、2023年11月1日(水)から令和6年(辰年)版年賀はがきの販売を開始します。コロナ禍を経て、年賀状に対する価値観や考え方も変化しつつある中で、「年賀家族」は儀礼ではなく“大切な人に送る年賀状”としてその品質やクオリティに徹底的にこだわり、新商品の追加や機能の充実を図りました。
「年賀家族」公式サイト:https://nenga-kazoku.com/



[画像1: https://prtimes.jp/i/42955/42/resize/d42955-42-a469bb7a796286b03b48-0.png ]

年賀状市場とニーズ変化の背景


 日本郵便によると2024年用年賀はがきの当初発行枚数は前年比12%減の約14億4千万枚。2003年をピークに年々減少しており、着実に市場は縮小しています。近年多くの人が年賀状じまいする一方で、コロナ禍をきっかけに年賀状や紙文化の良さに気付く人や、日本の伝統文化として続けているという年賀状推進派もまだまだ多く、年賀状論争はもはや年末の風物詩にもなっている昨今です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/42955/42/resize/d42955-42-ccf5c489f98988ae7e18-0.png ]


出す派にとってこれからの年賀状は “大切な人にだけ送り続けるもの”
「年賀家族」が今年独自に行なった調査(※1)では、6割以上の人がこれからの年賀状は「儀礼ではなく本当に大切な人に送り続けたい」と考えているという結果が出ました。SNS等で繋がっていない人や遠方に住む人に連絡をとるきっかけとして大事にしたいと考える人や、大切な人には手間をかけてでも紙の形で届けたい人が多いことがわかりました。また、今年の年賀状について7割以上の人が「写真入りの年賀状を出したい」と回答。年賀状に使える写真が無く、写真無しの年賀状を送る人が多かったコロナ禍に比べ、今年は写真入りの年賀状を出す人が増えることが予想されます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/42955/42/resize/d42955-42-c60d41c3160355aa9fec-0.png ]

 年賀状は、お世話になった人に感謝の気持ちや近況を伝える年に一度の挨拶状。本来は惰性や義理で出すものではありません。「年賀家族」は“大切な人に届けるなら心がこもったものや本当に良いものを”と、年賀状を出す派に寄り添い、あえて時代に逆行するようにこだわり抜いた高クオリティの年賀状を提供し続けています。
「年賀家族」のコンセプトは“写真が主役になる年賀状”。今年は1,800点以上のデザインを取り揃え、例年以上に家族写真や記念写真が映えるデザインを充実させました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/42955/42/resize/d42955-42-19789325e9334bacf416-6.png ]

※1 当社調べ:ソルトワークスサービス会員 20代以上男女 n=214、2023年9月

「年賀家族」ならではの商品


ここまでする?!と思わせる完全手作業の箔押し年賀状
 年賀家族の「HAKU」シリーズは、ハレの写真が映える豪華な箔押し年賀状。インターネット受注の年賀状によくある箔押し印刷ではなく、職人が一枚一枚手で箔押し加工を施します。目視で写真の位置を微調整して箔押しをするので、写真の顔部分が箔で隠れてしまうということはありません。手間やコストがかかっても、大切な一枚のために妥協しない「年賀家族」を象徴するような商品です。王道の〈金箔〉、光の当たり方によって色の見え方が変化する〈ホログラム箔〉の2種類に加え、今年は〈銀箔〉が新登場。控えめながらも洗練された美しい輝きを放つ銀箔は、ウェディングフォトやニューボーンフォトなどと相性が良いので、結婚報告や出産報告を兼ねた特別な年賀状におすすめです。
[画像5: https://prtimes.jp/i/42955/42/resize/d42955-42-8cae3203bf0c6798036c-7.png ]

特許まで取得した業界唯一の特殊加工で写真がデザインに『ナジーム』
 『ナジーム』とは、独自のエフェクト+自動合成技術により写真をデザインの世界観に溶け込ませることで、他の年賀状にはないアート表現を実現するデザインです。年賀状作成サイトでよくある“写真をはめてみたらデザインと合っていなくて浮いて見えてしまう”問題を解消し、誰でも簡単に本格的なアート年賀状を作ることができます。この技術は特許を取得しているため、『ナジーム』シリーズのデザインは「年賀家族」でしか出合えず、受け取った相手もそのクオリティに驚くこと間違いなしです。「あの年賀状ってどうやって作ったの?」「びっくりしたでしょ。年始最初のサプライズだよ!」届いた後にそんなやり取りが生まれるような商品こそ、これからの時代に求められる年賀状だと私たちは考えています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/42955/42/resize/d42955-42-af8c3470522135ee3071-0.png ]


「年賀家族」とは


[画像7: https://prtimes.jp/i/42955/42/resize/d42955-42-6afdb5e4365ec4f66463-0.png ]

「年賀家族」は、使いたい写真と好みのデザインプレートを選ぶだけで簡単にハイクオリティな年賀状がつくれる年賀状作成サービスです。自社専属クリエイターが手掛けたオリジナルデザインを1,800点以上ご用意。注文時から購入後までのサポート体制も充実しているため、どなたでも安心してご利用いただけます。
IT技術を駆使した「ナジーム」や、 ムービーを送れる「動画付き年賀状」、数年後の元日に届く「未来への年賀状」など他では見ないような珍しい年賀状も取り揃え、時代やニーズに合わせた商品を“新しい年賀状の形”として提供しています。

■特許等に関する表記
特許取得 特許第6687946号
画像処理方法及び画像処理プログラム

株式会社ソルトワークス について


 ソルトワークスは北海道札幌市を拠点に、アプリやWEBサービスの企画・開発・運営を行なっている事業会社です。事業ドメインは、家族や大切な人たちとの時間や想い出を形にする「想い出エンターテインメント」。デザインとテクノロジーの力を使って“世界中の人たちが心おどる機会をふやす”ことを目指しています。
https://saltworks.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください