Interbrand “Best Global Green Brands 2013”生活者の環境イメージと企業の環境活動の実態の総合評価によるグローバル・グリーンランキング

PR TIMES / 2013年6月12日 15時8分

Toyotaが3年連続世界一! 世界のグリーンブランドのTOP5のうち4つが、日本ブランド!



2013年6月12日、Interbrand New York
世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、昨年に引き続き、優れた“グリーンブランド”のグローバルランキング、“Best Global Green Brands 2013” を公表します。
本ランキングは、「環境パーセプション(=生活者にどう認識されているか)」と「環境パフォーマンス(=企業が実施する活動)」の双方が両立していることが「優れた“グリーンブランド”の条件」と定義し、両者のインプットデータに基づきそのバランスを評価した「グリーンブランドスコア」を算出、その中で優れたグローバル・グリーンブランドのTOP50をランキングしたものです。
調査対象は、グローバルな観点から環境に対して影響力が大きいと考えられるインターブランドの“Best Global Brands 2012”にランクインしたコーポレートブランドとしており、第1位にToyota、 第2位Ford、そして第3位にHondaとTOP3を自動車ブランドが独占する結果となりました。また、Nissan(5位) 、 Ford(2位) 、 Nokia (9位)、UPS(32位) が大幅な躍進をし、Nestle(14位)、Kia(37位)、ZARA(48位)および Colgate(50位)が新たにランキング入りを果たしています。
インターブランドのグローバルCEOジェズ・フランプトンは、「“Best Global Green Brands”は、企業のパフォーマンスと、それに対する生活者のパーセプションの両方を調査しており、だからこそこのランキングはユニークで価値あるものである」とし、「このランキングは、企業に健全かつ強固な戦略を構築するために必要なインサイトをもたらしてくれるでしょう。それはビジネスを前進させるだけでなく、企業活動が環境およびコミュニティに良い影響をもたらします」と述べています。
本ランキングにおける「環境パフォーマンス」の評価を行ったDeloitteのデイビッド・ピアーソン氏(Global Sustainability Leader)は、「生活者とステイクホルダーは、サステイナビリティ・パフォーマンスの責任をますます企業に求めており、サステイナビリティは、ビジネスにおける課題として重要な要素であり続けることでしょう。企業は、環境に対する活動が生活者の認知に反映されるよう、尽力しています。リーディング・グローバルブランドは、サステイナビリティの領域に対してのフォーカスとイノベーションを強化しており、そのことがより向上した環境プログラムとレポーティングにつながっています」と述べています。
当ランキングを発表するにあたり、インターブランドは、経済規模の大きい上位10カ国(アメリカ・中国・日本・ドイツ・フランス・イギリス・イタリア・ブラジル・インド・ロシア)の生活者を対象に、企業の環境活動に対する評価がどれだけ購買意識に影響するかを調査し、環境パーセプションスコアとして分析、評価しています。また、Deloitteが公表されている情報に基づく企業の環境パフォーマンスを評価し、その評価結果は、総合スコア算出のインプットとなっています。総合スコアは、環境パーセプションスコアと環境パフォーマンススコアを統合し算出したもので、環境パフォーマンススコアは、最終のランキング作成のためにインターブランドが検討した要素の一つです。また、両スコア間のギャップは、環境パフォーマンス(環境活動の実態)と環境パーセプション(環境イメージ)のアンバランスを示しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング