クリエイティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー シルバー受賞

PR TIMES / 2012年12月11日 13時38分

株式会社I&S BBDOは、12月10日にシンガポールで開催されたキャンペーン誌による2012年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードにおいて「Japan Creative Agency of the Year (日本 クリエイティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー)」部門のシルバーを受賞しました。





株式会社I&S BBDO(代表取締役社長:加藤和豊、本社:東京都中央区)は、12月10日にシンガポールで開催されたキャンペーン誌による2012年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードにおいて「Japan Creative Agency of the Year (日本 クリエイティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー)」部門のシルバーを受賞しました。

同アワードは今年で19回目を迎え、リーダーシップ、経営戦略、業績、人材育成など、多面的にエージェンシーを評価する賞として、アジアパシフィック地域で高く評価されています。


今回の受賞理由は以下の通りです。

「I&S BBDOはクライアントニーズの変化へ適切に対応し、競合他社から明確な差別化を図るために、事業部の再編と社内改革に取り組んだ。海外事業や官公庁、スポンサーシップビジネスの機能、専門性を拡充した。作品の質を確かなものとし、効率性を高めるために、社内クリエイティブスタジオの設立や新しい人材配置システムの開発などを行った。また、クリエイティブ、デジタル、プランニングの能力を強化し、クリエイティブ部門ではその成果として、国内クリエイティブ賞に加えて、国際的に高い評価を得ている賞を複数獲得した。」


I&S BBDOは今年、カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルでゴールドとブロンズ、アジア太平洋広告祭でグランプリ、クリオアワードでブロンズ、ワンショウ・デザインでゴールド、ADCアワードでシルバーとブロンズ、ロンドン国際広告賞でゴールドなど、国際的なクリエイティブ賞のデザイン部門で多くの賞を獲得しました。国内においては、ACC CMフェスティバルのテレビ部門でブロンズ、東京インタラクティブ・アド・アワーズのアウトドア部門でブロンズ、日本農業新聞広告賞のグランプリなどを受賞しています。

キャンペーン誌のエージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワード受賞者の一覧は、http://www.aoyawards.com/japankorea/winnersをご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング