「オークラ プレステージ台北」2012年8月3日開業 ~ビジネスと観光の両面に至便な台北の中心地にラグジュアリーホテルが誕生~

PR TIMES / 2012年8月1日 18時14分



株式会社ホテルオークラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荻田敏宏)は、2012年8月3日、台湾第一の都市、台北に「オークラ プレステージ台北」を開業いたします。ホテルオークラの経営理念である「ベストA.C.S.(最高の施設・最高の料理・最高のサービス)」の提供を実践し、台北で最高級と評されるホテルを目指します。

オークラ プレステージ台北は、台北市の中心にある中山地区の、南京東路と中山北路の交差点から至近の場所に位置し、ビジネス、ショッピング、観光に最適なロケーションです。地下鉄MRT淡水線で台北駅から一つ目の中山駅から徒歩5分、ホテル周辺には高級ブランドブティック、デパート、カフェやレストランも多く、市内へのアクセスも便利です。ホテルは地上18階、地下7階の建物で、上層階からは活気あふれる台北の街並みと陽明山の眺めが広がります。

現代美と伝統美の融合、西洋と東洋の融合をモチーフとしたホテルには、208室の客室を備えています。標準客室の面積は44m2 、天井高が3mで、広さにゆとりを持たせ、華やかな美しさの中にも落ち着きのあるデザインとなっています。バスタブとシャワースペースを配したゆったりとしたバスルームには、レインシャワー、テレビも備え付けられておりますので、ゆっくりとバスタイムをお過ごしいただけます。さらに、バスルームをスライディングドアでオープンにすることができますので、お客様の好みで、より解放感のある客室レイアウトにできることも特徴の一つです。また、お客様の使い勝手を考慮して、トイレを完全に個室化、全室シャワートイレ付きとしています。

レストランでは、ホテルオークラ東京の1962年の開業以来、50年の歴史とともに歩んできた和食堂「山里(Yamazato)」と広東料理「桃花林(Toh-Ka-Lin)」を出店いたします。「山里」にはホテルオークラ東京からシェフを派遣し、寿司、天ぷら、鉄板焼を含む本格的な日本料理を提供いたします。「桃花林」では落ち着きのある繊細なインテリアとともに、香港から招聘した料理長厳選の最高の食材で彩る本格広東料理をお愉しみください。その他、オールデイダイニングルーム「コンチネンタルルーム(Continental Room)」とラウンジ&バー「ザ・パール(The Pearl)」、24時間対応のルームサービスをご用意しています。また、宴会場は分割利用可能で、さまざまな規模、目的のご宴席に柔軟に対応し、着席で最大288名まで収容可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング