4/20(日)、LAの老舗プライムリブ専門店、装いも新たに「恵比寿ガーデンプレイス」でグランドオープン!

PR TIMES / 2014年3月18日 11時42分

新しいロウリーズでお食事しませんか?

2014年4月20日(日)、株式会社ワンダーテーブルは、恵比寿ガーデンプレイス地下1階に、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京」をリニューアルオープンします。



ロウリーズ・ザ・プライムリブは、1938年にアメリカのロサンゼルスに誕生し、東京店は国内1号店として、2001年に東京・赤坂にオープンしました。約10年間、グルメサイトのアクセス数やランキングは国内トップクラスを維持し、ドラマやファッション誌の撮影場所として、度々登場するほどの人気店です。2014年3月28日(金)、赤坂ツインタワー東館の建て替えに伴い、一旦閉店し、恵比寿ガーデンプレイスにて、再オープンいたします。

新店では、従来の骨付きアメリカンビーフを使用したプライムリブに加え、本格的なステーキや鮮度にこだわったシーフードの前菜など、新たな料理も充実させます。

インテリアは、2名のスペシャリストにデザインしていただきました。雰囲気は、従来のクラシカルなアールデコ調から、煉瓦や古木を使用したスマートカジュアルな雰囲気に大きく変わります。

守り続けてきた伝統のコンセプトに、新しい要素を加えた「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京」を、ぜひご期待ください。


【ロウリーズ・ザ・プライムリブとは】
ロウリーズ・ザ・プライムリブ(以下、ロウリーズ)の1号店は、1938年、Lawrence L. Frank と義弟のWalter Van de Kamp の2人により、ロサンゼルスのビバリー ヒルズにオープンしました。Lawrence は、自ら「シルバー」と呼ばれるカートをデザインし、その中にローストしたプライムリブを縦置きにし、お客様の目の前で お好みの焼き加減、カットで提供するというサービスを考案しました。このサービスは、当時のアメリカ人にとってはとても斬新で、この後、多くのレストランがこの方式を模倣し、やがてアメリカにおけるローストビーフの標準的なサービス方法となりました。その後、経営はLawrence の息子であるRichard N. Frank(現会長)、さらにその息子であるRichard R. Frank(現社長)に引き継がれ、今日に至っています。


【プライムリブ】
ロウリーズ・ザ・プライムリブのプライムリブは、アメリカ国内で高い評価を受けるクリークストーン社のブラックアンガスビーフを使用します。低温でじっくりとローストし、肉汁を閉じ込めた逸品です。するっとナイフがはいるほどの柔らかさ、だけど口に入れた時は肉本来のしっかりとした繊維質が感じられ、ジューシーな味わいがほとばしり、これぞお肉だという醍醐味が味わえます。ソースは、牛の骨でダシをとったオージュー  ソースです。深い味わいのソースが、お肉を引き立てます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング