アメリカ英語にも対応。自然な「英語」に特化した「男声」の歌声ライブラリ ヤマハ ソフトウェア 『VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN(サイバー ソングマン) 』

PR TIMES / 2016年10月31日 17時46分

本日よりボーカロイド公式ショップにてダウンロード販売を開始

ヤマハ株式会社は、男性ネイティブスピーカーの自然な発音で、表現豊かな英語の歌声を作り出すことができるパソコン用ソフトウェア『VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN』を発売します。本日よりボーカロイド公式ショップ( https://net.vocaloid.com/)にてダウンロード販売します。



[画像1: http://prtimes.jp/i/10701/43/resize/d10701-43-977762-0.jpg ]


<価格と発売日>
品名:ヤマハソフトウェア VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN
品番:CYBERSONGMAN
価格:10,000円(税抜)
発売日:2016年10月31日(月)

※ 単体では使用できません。『VOCALOID4 Editor』または『VOCALOID4 Editor for Cubase』のいずれかが必要です。
※ 本製品はダウンロード販売のみとなります。
・製品ページ: https://net.vocaloid.com/articles/cybersongman


<製品の概要>
「VOCALOID™」は、当社が開発した、歌詞とメロディーを入力するだけで、人工の歌声を作り出すことが出来る歌声合成技術およびその応用ソフトウェアです。実際の人間から収録した声のパーツが詰まったデータベース「歌声ライブラリ」と、歌詞やメロディー、歌い方を調整するための専用ソフトウェア「VOCALOID Editor」をインストールすることで、パソコン上で自由に歌声の制作が楽しめます。現在、日本語のみならず、英語、スペイン語、中国語、韓国語に対応しており、国内外のさまざまな企業から歌声ライブラリが発売されています。2014年11月には最新版となる「VOCALOID4」を発表し、より自然で豊かな歌声を表現できるようになりました。
この度発売する『VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN』は、「VOCALOID4」用の男声ライブラリで、当社製品としては初となる男声の英語ライブラリのみを収録した製品となります。当社は昨年2月に、女声の英語ライブラリ「VOCALOID4 Library CYBER DIVA」を発売していますが、今回、英語圏をはじめとした海外の方にもバーチャルシンガーによる音楽をさらに楽しんでいただきたいと考え、女声のみならず男声のスタンダードな英語歌声ライブラリを提供すべく開発したのが本製品です。
開発にあたっては、米国出身のネイティブスピーカーの男性を起用し、あらゆる音楽ジャンルを歌いこなす明瞭でキレのある歌声と自然な英語発音を追求しました。また、ボーカロイドでは通常、イギリス英語の発音をベースにして英語の合成を行いますが、本製品ではアメリカ英語の発音でも自然に歌声を合成できるようになっています。さらに「VOCALOID4」から搭載された、声を激しく振るわせ唸るような歌声を作り出せる「グロウル機能」との相性にも優れており、ロックやソウル、ブルースなどにおいても、豊かな感情を表現することが可能となっています。
なお本製品は、グローバルに広くご利用いただきたいという考えのもと企画されたもので、国内外問わずインターネットから購入できるダウンロード専用商品となっています。まずは本日より、ボーカロイド公式ショップにてダウンロード販売を開始します。また今後、ヤマハが運営する他のウェブサイトでのダウンロード販売も検討しています。
詳細は以下のとおりです。


<主な特長>
1.あらゆる音楽ジャンルを歌いこなす、自然な英語発音と明瞭でキレのある歌声
「VOCALOID4」におけるスタンダードな英語の男声ライブラリを目指して開発しました。明瞭な低音、伸びやかな中音域、キレのある高音域によってあらゆるジャンルの楽曲をクリーンに歌いこなします。また、米国出身のネイティブスピーカーを起用することで違和感のない自然な英語発音を実現しています。

・推奨音域:A1~A3 推奨テンポ:70~190BPM

2.アメリカ英語の発音にも対応
「VOCALOID」では通常、イギリス英語に近い発音記号を使って英語の歌声合成を行いますが、本製品に付属する「CYBER SONGMAN専用ユーザー辞書ファイル」を、「VOCALOID4 Editor」または「VOCALOID4 Editor for Cubase」に設定することで、自然なアメリカ英語の発音で歌声を制作できるようになっています。

3.ラフ、ハーシュな表現も自由自在。VOCALOID4専用機能「グロウル」に対応
本製品は、「VOCALOID4」から搭載された新機能「グロウル」の性能を最大限に引き出すことができるように開発された歌声ライブラリです。ロックやソウル、ブルースなどで活躍する、少しざらついたかすれた声によるRough(ラフ)な声や、激しく唸って耳をつんざくようなHarsh(ハーシュ)な声など、多様な歌声表現を追求することができる製品です。

4.「VOCALOID4 Editor for Cubase」に対応。WindowsでもMacでも歌声制作が楽しめる
本製品は、スタインバーグ社のDAWソフトウェア「Cubase」に「VOCALOID」の機能を組み込んで使用することができる歌声編集ソフト「VOCALOID4 Editor for Cubase」に対応しています。「VOCALOID4 Editor for Cubase」とスタインバーグ社のソフトウェア「Cubase 7 シリーズ」もしくは「Cubase 8 シリーズ」と本製品をあわせて使用すれば、Windows/Macいずれでの環境でも「Cubase」の豊富な機能を使って編集したり、歌声にエフェクトなどの効果を加えることが可能となります。

[画像2: http://prtimes.jp/i/10701/43/resize/d10701-43-951432-1.jpg ]



<デモソング・デモムービー>

[動画1: http://www.youtube.com/watch?v=rcNbIoLh89o ]


[動画2: http://www.youtube.com/watch?v=O9CFNxGlASI ]



デモソング
Rinse, Repeat(作詞:Crusher-P/作曲:The Living Tombstone)
Fighter(作詞:YusukeKira,cheesum/作曲:YusukeKira)
ボーカロイド公式サイト( https://net.vocaloid.com/articles/cybersongman)より、その他デモムービーなどもご覧いただけます。

<動作環境に関する注意>
本製品は単体では使用できません。「VOCALOID4 Editor」または、「VOCALOID4 Editor for Cubase」と「Cubase」シリーズのいずれかが必要となります。対応するOSやCPU、必要なメモリーなどは、使用するソフトウェアの組み合わせによって異なります。詳細な動作環境については、以下の製品ページをご覧ください。
https://net.vocaloid.com/articles/cybersongman


<関連リンク>
https://net.vocaloid.com/

ヤマハ ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
※その他の文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング