ブライトリング アベンジャー スイス エアフォースチーム リミテッドエディション

PR TIMES / 2019年10月4日 10時25分

大空を舞台にした目もくらむようなパフォーマンスで世界を感嘆させる「パトルイユ・スイス」スイス エアフォースチームの創立55周年を祝し、ブライトリングはアベンジャー スイス エアフォースチーム リミテッド エディションを550本という限定のシリーズで発売します。



1964 年、スイス空軍は優秀なパイロットを選り抜き、パトルイユ・スイスという名のエアロバティックス・チームを創設しました。55 年後の今日、パトルイユ・スイス飛行隊は、スイスをはじめとする欧州諸国の上空で6 機の超音速ジェットを正確に操る航空パフォーマンスを披露し、各国の観客を感嘆させています。ブライトリングは空高く舞うこのスイスの親善大使を讃え、新作モデル、アベンジャー スイス エアフォースチーム リミテッドエディションを製作しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/32319/43/resize/d32319-43-605305-0.jpg ]


ブライトリングのジョージ・カーンCEO は、限定版クロノグラフでパトルイユ・スイス飛行隊の記念すべき年を祝す機会が訪れたことを歓迎し、次のように述べています。「『パトルイユ・スイス』スイス エアフォースチームとブライトリングは、理想的なパートナーです。超音速ジェットに乗り込み、機体と機体が触れ合いそうな近距離で編隊飛行を披露するパトルイユ・スイス飛行隊は、私たちが長く育んできた航空の伝統を現代的かつ完璧に体現しています。その55 周年の記念に特別モデルを製作することができ、感激もひとしおです。」

[画像2: https://prtimes.jp/i/32319/43/resize/d32319-43-392647-1.jpg ]


ブライトリング アベンジャー スイス エアフォースチーム リミテッドエディションは、ステンレススチール製45 ミリケースにラチェット式逆回転防止ベゼルを装備。印象的なブラックダイアルの9 時位置にあるサブダイアルには、パトルイユ・スイス飛行隊のロゴが配され、独特なイエローとレッドが美しいアクセントを放っています。秒針の先端もイエローに彩られ、もう一つのアクセントに。針とブラックのインデックスはスーパールミノバ(R) 蓄光塗料が塗布されているため、どんな環境でも読み取りやすくなっています。
ケースバックにはパトロイユ・スイス飛行隊55 周年のロゴ、すなわちスタイル化された「55」の数字と飛行中の6 機の超音速ジェットが「ONE OF 550」の文字とともにエングレーブされており、特別限定モデルというステータスを示しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/32319/43/resize/d32319-43-372951-2.jpg ]

アベンジャー スイス エアフォースチーム リミテッドエディションには、ブライトリングキャリバー13 を搭載。COSC 公認クロノメータームーブメントのパワーリザーブは約 48 時間、防水性能は 300メートルです。この特別限定モデルのアベンジャーは、穴留め式アンスラサイト レザー ミリタリーストラップとの組み合わせです。

「パトルイユ・スイス」スイス エアフォースチーム ・ キャンペーン
ブライトリングは、このアニバーサリー エディションをサポートする、3 人の優秀なパトロイユ・スイスのジェットパイロットをご紹介します。グンナー・ヤンセン少佐は2010 年に「パトルイユ・スイス」スイスエアフォースチームに加わり、この3 年間チームを率いています。


クラウディウス・マイヤー・キャプテンは、2 番機として編隊長の右手を飛行しています。
スクワッドの最後のメンバーは第2 単独機を操縦するルーカス・ナンニーニ・キャプテンで、隊形の最左翼を飛ぶ5 番機を担当しています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/32319/43/resize/d32319-43-147733-3.jpg ]


ブライトリング
1884 年以降、ブライトリングは、高精度のタイムピース、腕時計クロノグラフの開発をリードする役割、その卓越したデザインへの妥協のない取組みにおいて、国際的に高い評価を得たブランドとしての地位を確立してきました。航空界との密接な関係を古くから保ちながら、ブライトリングは人類が大空を自在に行き交うようになるその中で、素晴らしい時間を分かち合ってきました。革新の精神で知られるブライトリングはまた、科学、スポーツ、テクノロジー等の分野においても特別な地位を獲得しています。ムーブメントは自社製造。そして、どの時計においても「スイス製、COSC 認定クロノメーター」というステータスを通じて、その品質が保証されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング