化粧品OEM:フレグランスジュリーの進化が止まらない

PR TIMES / 2013年10月30日 10時12分

オリジナル化粧品受託製造メーカーのシーエスラボがフレグランスジュリー2013進化版を発表

オリジナル化粧品受託製造(化粧品OEMメーカー)シーエスラボが、
昨年開発し好評を得ているフレグランスジュリーのさらなる進化版に挑んでいる。
ギフトやノベルティ需要が高まるこれからのシーズン、注目度がさらに高まりそうだ。



       

 

進化するフレグランスジュリー 

I. フレグランスジュリーとは?

 昨年、弊社が開発したフレグランスジュリーとは、リキッドでもない、練り香水でもない、

新しい「塗るタイプ」のジェル状フレグランスだ。

 シリコンをベースにしているため、重くべたつかず、軽くサラサラとしたテクスチャーを

特徴としている。

また、きらきらと輝くラメ入りのため、首筋やデコルテ、手首につけると、香りだけでなく

ラメでボディを演出できる効果もある。

使用量の調整が簡単なので、誰もが簡単にビジュアル的にも美しい香りを身にまとうことが

できる新タイプのフレグランスだ。

 気軽に使ってもらえるようにと設計したコンパクトなミニジャータイプの容器も好評を博した。

化粧ポーチにもぴったりのサイズも女性から支持されている点だ。

 軽いつけ心地で適度な香りとラメ感を纏うフレグランスジュリーは2シーズン目を迎える

今年、さらに注目度が高まることが予想される。


II. 好評を博した香り

 前回、弊社では3つの香りのフレグランスジュリーを開発した。

このうち、一番の人気はフローラルブーケの香り。

華やいだ香りだけでなく、香りの持続性についても高い評価を得た。


 もっとも、フレグランスの種類はこの3種類だけにとどまらない。

香料メーカーに依頼をすることで、さまざまな香りのフレグランスジュリーを開発することが

可能だからだ。

例えば、最近のフレグランスの人気ランキング上位に挙がっているような香りをイメージした

製品も実現できる。


香水人気ランキングを実施している某サイトの順位を見てみよう。

 1. ランバン マリーミー!

 2. クロエ オードパルファム

 3. ランバン エクラ ドゥアルページュ

 4. シャネル チャンス

 5. ドルチェ&ガッバーナ ローザ・ワン

 6. クロエ オードトワレ

 7. イブサンローラン ベビードール

 8. ミスディオール シェリー

 9. フェラガモ インカントチャーム

 10. シャネル チャンス オー タンドゥル

 


このような日本の女性の香りの志向を踏まえた

フレグランスジュリーの開発も実現可能だ。

コストダウンも進めている。

フレグランスジュリーには香料を5%を配合しているが、

この割合やラメのボリューム、シリコンの量を調整することで価格を調整できるからだ。

現在、弊社では前回よりも10~15%のコストダウンを図り、よりリーズナブルなプライスの

フレグランスジュリーの開発を進めている最中だ。

買い求めやすい価格が実現すれば、さらに需要は高まりそうだ。


III. ノベルティとしても力を発揮

 フレグランスジュリーは、自分のために使うというパーソナル需要に加えて、ギフト需要、

さらにはノベルティとしても使いやすいとの評価も得ている。

 香りはもちろんのこと、パッケージや箱、ラベルなどを変えれば、フレグランスジュリーは

高級感あふれるノベルティにも、カジュアルなノベルティにも自在に変身できる。

ファッションブランドの個性や世界観に合わせた香りと装いを追求すれば、

ブランドの魅力をアピールできるツールとして高い効果を発揮することは間違いない。


 これから日本のマーケットは、クリスマス、バレンタイン、ホワイトデーといった大きな

イベントが続く大商戦期を迎える。

ノベルティーの需要が高まるいま、ファッションブランドの「もう一つの顔」として

力を発揮するフレグランスジュリーに期待してほしい。


現代女性のニーズを踏まえた化粧品の開発を検討したい方は

ぜひ下記へ連絡してみてください。
http://www.cs-lab.co.jp/app/web/inquiry/


☆――――――――――――――――――――――――――― 
 マーケティングブログを更新しました。
http://www.cslab.jp/
―――――――――――――――――――――――――――★
新たに化粧品を開発したい、化粧品ビジネスへ参入したい・・・
という皆様の、ヒットする商品開発、事業発展にお役にたちたいとの気持ちから、
弊社マーケティングスタッフが収集した情報を提供しているブログです。
最新回のテーマは「冬に備えたアンチエイジング」。秋から冬へと向かうシーズンにおける
女性のスキンケア事情に迫ります。

http://www.cslab.jp/category/1976743.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング