【シャノン導入事例】クオリティソフト株式会社~マーケティング業務の内製化で、柔軟かつ素早い施策対応と全体の効率化が実現

PR TIMES / 2014年8月21日 12時25分

株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役:中村健一郎、以下シャノン)は、IT資産管理に関するソリューションを提供するクオリティソフト株式会社様(以下クオリティソフト)における、イベント・セミナー管理からマーケティングオートメーションまで実現するクラウドアプリケーション「シャノンマーケティングプラットフォーム」の導入事例を発表します。

【導入企業】 クオリティソフト株式会社

【導入時期】 2013年12月~

【課題点】
リード管理とナーチャリング業務を外注していたが、リードデータのやりとりやホットリードの抽出、施策の実施や改善などに時間を要していた。そのため、フォローのタイミングを逃すこともたびたび発生していた。
また、外注することで、ノウハウが社内に蓄積されないことも大きな課題として認識されていた。

【成果】
リード管理からメール配信、ホットリード抽出と社内関係者への共有、そしてフォロー施策と、一連のフローをマーケティングプラットフォーム上でスムーズに実現。また、内製化により、業務全般の効率化も進んでいる。
さらに行動履歴データも蓄積されてきており、きめ細かいターゲティングと施策の実施ができる段階を迎えている。

【お客様の声】
ターゲットを細分化し、それぞれのターゲットに応じたキメ細かい施策を講じていきたいと考えています。
これができるのも、便利なマーケティングプラットフォームを導入したおかげですね

■詳しくは、以下URLよりダウンロードいただけます。
https://shanon.smartseminar.jp/public/application/add/597
------------------------------------------------------------
シャノンマーケティングプラットフォームについて
------------------------------------------------------------
シャノンマーケティングプラットフォームは、テクノロジーとサイエンスでマーケティングオートメーションと統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーションです。申込フォームや告知サイトの作成、申込・来場管理などのセミナー/イベント、キャンペーン運営業務や、メール配信、資料請求管理などマーケティング業務全般の一元的な実施・管理を実現。オンライン・オフライン問わず行動履歴を自動で見込み客データと紐づけて蓄積管理。属性や履歴を横断したリードの検索・抽出(やスコアリング)機能によりリード評価の確度を向上し、商談機会の創出に貢献します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング