H2受容体拮抗剤「プロテカジン(R)OD錠」(口腔内崩壊錠)新発売のお知らせ

PR TIMES / 2012年6月22日 10時23分

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京、社長:小林 将之)は、H2受容体拮抗剤「プロテカジン(R)錠」(一般名:ラフチジン)の追加剤形として口腔内崩壊錠「プロテカジン(R)OD錠5」及び「プロテカジン(R)OD錠10」が、本日6月22日(金)薬価収載されましたことをお知らせ致します。
発売開始は、7月24日(火)を予定しています。

「プロテカジン(R)錠」は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍等に対する有用性が確認され、2000年4月に5mg錠、10mg錠が発売されました。
2010年3月には、逆流性食道炎の効能・効果を追加取得しています。

「プロテカジン(R)OD錠」は、水なしでも服用できることから、嚥下機能が低下した患者さんや高齢者、また、水分摂取制限のある患者さん等にも有用です。一方、外出先で水が飲めない状況下での服薬などにも適しており、様々なニーズに対応できる薬剤です。



[製品名]
プロテカジン(R)OD錠5
プロテカジン(R)OD錠10
[一般名]
ラフチジン
[効能・効果]
○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎
○下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
○麻酔前投薬
[用法・用量]
○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎
通常、成人にはラフチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
○下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
通常、成人にはラフチジンとして1回10mgを1日1回(夕食後または就寝前)経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
○麻酔前投薬
通常、成人にはラフチジンとして1回10mgを手術前日就寝前及び手術当日麻酔導入2時間前の2回経口投与する。
[製造販売承認日]
2012年2月15日
[薬価収載日]
2012年6月22日
[発売予定日]
2012年7月24日
[包 装]
プロテカジン(R)OD錠5 :PTP包装100錠(10錠×10)1000錠(10錠×10×10)
プロテカジン(R)OD錠10:PTP包装100錠(10錠×10)1000錠(10錠×10×10)
[薬 価]
プロテカジン(R)OD錠5:1錠 24.40円
プロテカジン(R)OD錠10:1錠 41.30円
[製造販売元]
大鵬薬品工業株式会社


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング