【スカイツリーで使われた「ネジ」がストラップに!】『絶対にゆるまないネジ』がツリー直下で「ゆるまない携帯電話ストラップ付き」販売キャンペーンを開催!

PR TIMES / 2012年5月21日 13時20分



株式会社中経出版(東京都千代田区)は、刊行書籍『絶対にゆるまないネジ―小さな会社が「世界一」になる方法』のタイトルにもなった、絶対にゆるまないネジ=「ハードロックナット」が東京スカイツリーに全面採用されたことを記念し、直下の「三省堂書店 東京ソラマチ店」等にて、本物の「ゆるまないネジ」を使った携帯電話ストラップ付きで販売いたします!

《中経出版》http://www.chukei.co.jp/business/detail.php?id=9784806139744
《Amazon》http://www.amazon.co.jp/dp/4806139742


【ツリーの屋台骨を支える世界一の技術】

グランドオープンを明日にひかえる東京スカイツリー。東日本大震災でもびくともしなかったこの巨大タワーを「安全」の面から支えているのが、世界で唯一の絶対にゆるまないネジ「ハードロックナット」です。

スカイツリー以外にも、東北新幹線の最新鋭車両「はやぶさ」をはじめ、国内すべての新幹線、英国・台湾・ドイツなど世界の高速鉄道、瀬戸大橋やレインボーブリッジ、お台場のフジテレビ本社、六本木ヒルズなど、「絶対の安全」が求められるさまざまな交通機関や建造物、機械で採用されています。

この「ハードロックナット」を生み出したのが、従業員わずか50人足らずの町工場、ハードロック工業株式会社(大阪府東大阪市)です。

▼ハードロック工業ホームページ
http://www.hardlock.co.jp/


【「絶対不可能」を覆した奇跡の開発秘話】

長引く円高不況に苦しむ企業が多い中、100%国内生産にもかかわらず、世界的にも高い競争力を保ち、創業から赤字は一度もなし。同社を率いる若林克彦社長は、第10回日本イノベーター大賞、第35回発明大賞などを受賞するとともに、同社もオンリーワンのモノづくりで「Newsweek」誌の「世界が注目する日本の中小企業100社」などに選ばれ、国内・海外のメディアが注目する中小企業となっています。

▼毎日新聞「時代を駆ける」第1回:ツリー支えるネジの技(現在、連載中)
http://mainichi.jp/opinion/news/20120508ddm012070012000c.html

▼その他のメディア掲載(同社プレスリリースより)
http://www.hardlock.co.jp/company/press.php

その若林社長が、経営哲学から独自のモノづくりまで、縦横無尽に語った唯一の書籍が、本書『絶対にゆるまないネジ』です。

かつて専門家の間では、ネジは「構造上、必ずゆるむもの」というのが常識でした。若林社長が「絶対にゆるまないネジをつくりたい」という思いを口にすると、同業者から学者まで、口をそろえて「そんなもの、絶対にできるわけがない!」と断言されていたのです。

本書では、幾多の失敗を乗り越えて「不可能」を可能にし、「奇跡のネジ」を生み出した開発のドラマを軸に、若林社長の生い立ちや起業の経緯を絡め、経営に降りかかるさまざまな災難、それを切り抜けてきた発想の根源などを、著者みずから語り尽くします。


【22日より東京スカイツリー直下の書店で特別販売キャンペーン開始!】

このネジ「ハードロックナット」が、東京スカイツリーに全面採用されたことを記念し、ツリーと同日の22日に開業する「三省堂書店 東京ソラマチ店」をはじめ数店舗にて、本物の「ゆるまないネジ」を使用して1個1個手作りで製作された携帯電話ストラップ(非売品)付きで販売します!


【逆境を何度もはね返し、ニッポンに「元気」と「自信」を与える町工場の底力!】

第1章 こうすれば小さな会社でも世界一になれる!
 ・オンリーワン商品・ロングセラー商品を生み出す秘訣  ほか

第2章 中小企業こそ営業力を強化しよう!
 ・どんなによい商品でも、売れるまでに最低2-3年はかかる  ほか

第3章 「逆境」をどうやって味方にするか
 ・クレームから生まれた、絶対にゆるまないネジ  ほか

第4章 オンリーワン商品をロングセラー商品に育て上げるコツ
 ・「この工場、うちの便所より小さいじゃないですか!」  ほか

第5章 儲かるアイデアを生み出す思考法
 ・そして一冊の本との出合いが私を変えた!  ほか

第6章 小さな会社だからこそ世界に挑戦する
 ・日本の中小企業は海外でも十二分に戦える!  ほか

第7章 いちばん大切なのは、常に成長を目指すこと
 ・「究極のゆるみ止めナット」を目指して  ほか


【ユニークな商品や経営哲学で知られる「東大阪のエジソン」】
若林 克彦(わかばやし かつひこ)

ハードロック工業株式会社 代表取締役社長

1933年大阪市生まれ。
大阪工業大学を卒業後、バルブメーカーに就職し、設計技師となる。

国際見本市で見た戻り止め(ゆるみ止め)ナットをヒントに、「Uナット」を開発し、冨士産業社(現 冨士精密)を創業。その後、世界最高性能の「絶対にゆるまない機構」をもつオンリーワン商品「ハードロックナット」を開発し、74年ハードロック工業を設立。

同商品は、新幹線の最新鋭車両「はやぶさ」をはじめとする各新幹線や英国・台湾・ドイツなどの高速鉄道、東京スカイツリーや六本木ヒルズ、瀬戸大橋など、「絶対にゆるまない」ことが求められる交通機関や機械、建築物などに広く採用されている。

ハードロックナットに限らず、独自の発想から生まれる数々の発明品で「東大阪のエジソン」とも呼ばれ、そのユニークな商品や経営哲学、開発の手法は、テレビ東京系「カンブリア宮殿」、TBS系「夢の扉」、韓国KBS、英国BBCなどのテレビ番組をはじめ、新聞、雑誌等で頻繁に取り上げられているほか、「Newsweek」の「世界が注目する日本の中小企業100社」に選ばれるなど、国内外のマスメディアから注目を集めている。


【商品情報】
著 者:若林 克彦(わかばやし かつひこ)
定 価:1,365円(税込)
ページ数:224ページ
判 型:四六判
初版発行:2011/3


【中経出版ソーシャルメディア】
●Facebookページ
http://www.facebook.com/chukeipub

●Twitter
http://twitter.com/chukeipub


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング