フリースケール、Windows(R) 8 OSベース・ポータブル機器向けの 高集積センサ・ソリューションを発表

PR TIMES / 2012年6月22日 11時35分

台湾、台北(Computex)-2012年6月5日-フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、Microsoft(R) Windows(R) 8センサ要件に対応するべく、包括的な性能を備えた12軸センサ開発リファレンス・プラットフォームを発表しました。フリースケールの新しいプラットフォームは、2012年第3四半期に出荷開始が予定されています。

フリースケールの副社長兼センサ・アンド・アクチュエータ・ソリューション・ディビジョン担当ジェネラル・マネージャであるセイド・パランスンは、次のように述べています。「急成長を続け、競争が激化するモバイル・コンピューティング市場において、お客様は、迅速に展開できる包括的なソリューションを必要としています。フリースケールのWindows 8ベース・ポータブル機器向けセンサ・ソリューションは、重要なハードウェア/ソフトウェア・コンポーネントをシームレスに提供することで、システムを劇的に簡素化します。個性的な製品が迅速に開発できるようになり、比類のないユーザ・エクスペリエンスが実現されます。」

フリースケールの12軸センサ・プラットフォームには、Xtrinsic(エクストリンシック)MMA8451Q 3軸加速度センサ、Xtrinsic MAG3110 3軸磁気センサ、Xtrinsic MPL3115A2高精度高度/圧力/温度センサ、アナログ周辺光センサが含まれます。また、互換性のあるジャイロスコープもサポートされています。さらに、業界をリードするフリースケールの独自性として、フリースケールのColdFire+(コールドファイア・プラス)MCF51JU128VHSマイクロコントローラが統合されています。ColdFireデバイスはセンサ・ハブとして機能し、フリースケールのセンサ・フュージョン・ソフトウェアと組み合わせることで、センサ・データの統合、設定、処理を効率化し、Windows 8 OSの要件に対応します。このリファレンス・プラットフォームは、特にスタンバイ時の電力消費、全体的な電力消費、費用対効果に焦点を当てて設計されており、標準HIDドライバを使用してUSB経由でホストPCと通信を行います。

フリースケールの12軸センサ・リファレンス・プラットフォームは、個々のセンサの利点を活用して、モーション、位置、周辺光、人体近接などのデータを包括的に統合し、精度、感度、信頼性に優れたデバイス性能を実現します。このプラットフォームでは、センサ・フュージョンのタスクがホスト・プロセッサではなく各フリースケール製センサによって処理されるため、カスタマイズ可能で電力効率に優れたソリューションが開発可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング