塗料非汚染性に優れる戸建て住宅用2成分形シーリング材発売

PR TIMES / 2014年3月28日 11時41分

~戸建て住宅用2成分形シーリング材で業界初のノンブリードタイプ~

 サンスター技研株式会社(本社:大阪府高槻市、以後サンスター技研と表記)は、戸建て住宅用2成分形変成シリコーン系シーリング材の新製品「ペンギンシールMS2570typeNB」(4リットル缶タイプ)を、主に戸建て住宅施工業者様向けに4月14日(火)より日本国内にて発売開始します。



 今回発売する新製品は、戸建て住宅用2成分形シーリング材(作業前に基剤と硬化剤を混合・攪拌して使用)で業界初となるノンブリードタイプのシーリング材です。シーリング材に含まれる可塑剤(柔軟性や作業性を向上させる成分)が表面に染み出してくる「ブリード現象」を抑制するため、当社が独自開発した特殊可塑剤を配合しました。これにより、外壁の目地にシーリング材を施工した際に、目地部分のシーリング材表面に塵埃が付着しにくくなり、汚れにくくなります。また、ブリード現象抑制により、シーリング材の上に塗料を塗る際の、シーリング材と塗料との密着性が向上、塗料の軟化・しわ・亀裂・はがれが起こりにくくなります。

 サンスター技研は、主に戸建て住宅外壁の窯業系サイディングボードの目地を埋める用途のシーリング材として、気温の低い東北・北海道でも、作業時に比較的短時間で内部まで均一に安定した硬化が可能な2成分形変成シリコーン系シーリング材「ペンギンシール MS2570」を販売してきましたが、今回の新製品は、これを独自の合成・配合技術でノンブリード化させた改良版の後継製品で、「ペンギンシール MS2570」は廃番となります。また、既存の「ペンギンシール MS2570」用のトナー(1200色)が共用可能で、従来の「ペンギンシール MS2570」と同色で同じ風合いの外観を実現します。


◆用語解説
シーリング材:建物外壁の外装材、タイル、サッシ取り付け部、コンクリートの隙間や継ぎ目に充填して、水や空気の侵入を防ぎ、継ぎ合わせた材料同士の膨張・収縮・変形を吸収して保持する材料。

サイディングボード:建物壁面に張るパネル式の外装材。外装材パネル同士の継ぎ目にシーリング材を施工。

プライマー:外装材とシーリング材の接着剤。外装材の隙間にプライマーを塗布後、シーリング材を施工。


【サンスター技研の接着剤・シーリング材事業と今回の新製品発売経緯】

 サンスター技研では、ケミカル事業として、建築用・自動車製造用の接着剤・シーリング材を扱っており、建築用の接着剤・シーリング材では、高層ビルから戸建て住宅まで幅広い用途の商品を販売、特に建築用シーリング材は業界トップクラスのシェア、技術を持っています。以前から主に高層ビル用途の、接着性、耐久性に優れる2成分形シーリング材の開発を得意とする一方、戸建て住宅用途に応力緩和タイプの2成分形シーリング材を、約20年前に業界に先駆けて製品化し、広く事業展開を行ってきました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング