10月31日はハロウィン!ジャックオーランタンはカブだった!?みんな大好きハロウィンについて徹底調査!

PR TIMES / 2019年10月31日 8時10分

1枚からWeb上でオリジナルTシャツが作れる「TMIX(ティーミックス)」は、話題のネタや様々なイベントについてアンケートを行い、調査結果をお届けします。

10月31日はハロウィンです。昔から秋のイベントとして広く認知され、様々なイベントが催されていますが、以前都内某所で起きた騒動など、若者の暴走でも話題になっています。そんなハロウィンですが、今世間ではどんなイメージがもたれているのか、徹底調査してみました!
(調査方法:インターネットリサーチ、調査対象:20代~60代男女、調査日:10月8日)



◼︎ハロウィンイベントに参加したことがありますか?

[画像1: https://prtimes.jp/i/5150/44/resize/d5150-44-942625-0.png ]

ハロウィンイベントに参加したことある方はおよそ4割という結果が出ました。

参加したことがあると答えた方の年代は20代-50代と幅広いですが、30代と40代に集中していました。若者の参加が増えたのはここ最近で、想像よりも上の世代の人の参加者が多いようです。

◼ハロウィンといえば「ジャック・オー・ランタン」ですが、ジャックオーランタンは、昔はカブで作られていたことを知っていましたか?

[画像2: https://prtimes.jp/i/5150/44/resize/d5150-44-259507-1.png ]

こちらの認知度はかなり低い数字となりました。やはりカボチャのイメージが強く、元々カブだったということに、かなり驚きの意見が聞かれました。

ハロウィンの風物詩「ジャック・オー・ランタン」は、かぼちゃをくり抜き、ランタンにしたものですが、元々は、かぼちゃではなくカブをくりぬいて作られていました。かぼちゃに変わったのは、アメリカに古代ケルト人(古代ヨーロッパの民族)移住したことがきっかけとされています。

アメリカの土地ではカブがほとんど手に入らず、比較的手に入りやすく、加工も容易なカボチャに変わったそうです。ちなみにスコットランドなどの一部の国では、現在もジャック・オー・ランタンにカブが使われているそうです。

■ハロウィンの仮装の本来の目的は、悪霊から身を守るためということを知っていましたか?

[画像3: https://prtimes.jp/i/5150/44/resize/d5150-44-102105-2.png ]

先ほどの質問とは打って変わり、ほぼ半分の人が認知しているという結果が出ました。やはりコスプレのイベントという認識が強い分、仮装についての知識は広がりやすいのかもしれません。

本来のハロウィンは、”古代ケルト人(古代ヨーロッパの民族)の秋の収穫感謝祭”で、亡くなった霊が親族を訪ねてくると日とされています。しかし、亡くなった霊と一緒に、悪霊もやってくるため、仮装は、悪霊と同じ格好をして「悪霊の仲間ですよ」とアピールして難を逃れるために行ったとのことです。

◼ハロウィンの印象を教えてください。
それでは、具体的にどんなイメージがあるのか見ていきましょう。

○ハロウィンのイメージ
・仮装/コスプレ
やはり、仮装やコスプレというイメージが一番多かったです。特にコスプレでゾンビや魔女など、ややダークな世界観のコスプレが多く、コスプレという文化の中でも、かなり異質なイベントだと思います。

・お菓子
これもハロウィンの定番ですね。子供たちが各家を周り、「お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ」と、お菓子をもらいにいくというイベントは、幼稚園や小学校の時に誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか。

ちなみに、ハロウィンでは家に子供がお菓子をもらいに訪れるようになったのは、かなり後のようです。こちらも、本来の意味は、悪霊に扮した子供がお菓子をもらうことで、悪霊のご機嫌をとり、家の中まで入ってこないようにするためだといわれています。

・大騒ぎ
ネガティブな意見として、以前起きた都内某所のイベントでの軽トラ横転事故などにより、「治安が悪い」「バカ騒ぎ」「パリピ勢のイベント」というような悪いイメージや、「ちょっと怖い」という事件に関連づいてそもそもハロウィンイベントに不安を感じる人の意見が見られました。

特にこの点は「楽しそうなイメージ」と答えた人よりも多く、いかにハロウィンのイメージが悪くなったのかがわかります。イベントの参加者がマナーを守り、羽目を外しすぎずにハロウィンを楽しむようになるといいですね。

今回はハロウィンついて調査しました。やはり、ハロウィンといえば、コスプレというイメージで、普段着ることのできない服装ができるというのが魅力のようです。「そんな服装が普段からできれば楽しいのに...」と思う方もいるのではないでしょうか?ですが、普段の服装でコスプレは、ハードルが高いですよね...。「せめて、もう少し大人しめのデザインだったらいいんだけど...」「コスプレ感がないけどハロウィン感があるシャツだったらいいのに...」というそんなあなたに、オススメのサービスがあります!!


◼キャラディネートの日を記念して、Web上で自由にデザインできるデザインテンプレートをご用意!
「自由なデザインで作れるキャラクターシャツが欲しい!」という方に、TMIXをご紹介いたします。オリジナルTシャツ作成サービスのTMIXでは、様々なTシャツデザインテンプレートをご用意いたしました。TMIXではこういったデザインテンプレートをベースに自分の好きなTシャツが1枚から作成できます。学園祭などのクラスTシャツとしてもぜひご利用ください。

https://tmix.jp/design_templates

◼オリジナルTシャツTMIXについて https://tmix.jp
TMIX( https://tmix.jp )とは1枚から簡単に自分でデザインしたオリジナルTシャツを作れるサイト。自由に写真や文字、スタンプを使って簡単にTシャツやポロシャツなどが作れる。これまでに330万デザイン以上が作成された、20万人の会員を誇る国内最大級のオリジナルTシャツ販売サイト。納期も、業界最速の最短即日発送。今からでも間に合います。

■紹介代理店制度について
オリジナルTシャツ作成サービスTMIXでは、紹介代理店を募集しております。
お客様をTMIXにご紹介頂き、注文が確定しましたら成約金額の一定割合をお支払いいたします。
なお、ご紹介頂いたお客様には割引クーポンをご用意させて頂きますので、営業活動にぜひご利用ください。
紹介代理店の登録をご希望の方、詳しく知りたい方は下記をご確認ください。
https://tmix.jp/articles/agency


■運営サービス
オリジナルTシャツ製作プラットフォームTMIX(ティーミックス)
https://tmix.jp

オリジナルスマートフォンケース製作プラットフォーム スマホラボ
https://original-smaphocase.com/

■オリジナルラボ株式会社の概要
・商 号:オリジナルラボ株式会社
・本社所在地:東京都渋谷区神宮前3丁目27-15 HIサンロード原宿ビル3F
・設立:2007年5月7日
・会社URL: https://original-lab.jp/

■本件に関するお問い合わせ
オリジナルラボ株式会社 望月英樹 MAIL:info@original-lab.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング