DeNA次世代タクシー配車アプリ「MOV」Incredist Premiumを採用し交通系ICカード決済に対応決定

PR TIMES / 2019年8月2日 0時40分

~Android版ペイメント・マイスターが登場~

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)と株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、 以下フライト)は、DeNAが提供するAIを活用する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の車載器システムと連動したタクシーの車内決済システムとして、フライトの次世代マルチ決済装置「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」を導入し、主要タクシーメーター4社と連動した交通系ICカード決済の対応が決定しました。

DeNAはこれまで「MOV」を神奈川県内でサービスを展開し、2018年12月からは東京23区、2019年7月からは大阪府・京都府(一部地域を除く)をスタートさせています。また決済手段として、ネット決済の他、車内でお客様の様々な支払い方法に柔軟に対応するために「Incredist Premium」並びに専用決済アプリ「ペイメント・マイスター」を導入し、乗務員のAndroid端末と連携することでスムーズな決済を実現します。

この度この「Incredist Premium」において、交通系ICカード決済に対応することとなりました。今後はクレジットカードや交通系ICカード以外にも対応できる決済手段をさらに増やし、タクシー車内でより利便性の高い支払いを可能にしていきます。

「MOV」は、今回の協業を通して、タクシーの総合的なスマート化・IoT化を実現することを計画しており、タクシーの利用体験を次々に新しく便利にしていきます。また、これからも、快適な乗車体験のさらなる向上を目指し、お客様・乗務員それぞれにとって使いやすいサービスの品質向上をおこなっていきます。

■次世代タクシー配車アプリ「MOV」とは
「MOV」は、対応する乗務員専用端末とセットで、タクシーの配車をスムーズに行えるサービスです。乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことが可能です。周辺を走行中のタクシーがリアルタイムに可視化されて表示されるため、空車走行中のタクシーを簡単に確認することもできます。その上、迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や通話機能、定型メッセージを送り合える機能を実装しています。また、車内決済のほか、全車両でネット決済に対応し、事前のクレジットカード登録で降車時の煩わしい支払い・領収書受け取り等の手続きが不要で、目的地に到着と同時にスムーズな降車が可能です。

■Incredist Premiumとは
フライトは、国内のスマートフォン決済先駆者として、2010年9月より国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にする大企業向けソリューション「ペイメント・マイスター」を販売しております。対応する決済端末として、2016年3月より磁気クレジットカード、接触型ICによるクレジットカード(EMV)、日本の電子マネーという3種類の決済に加え、新たにコンタクトレスEMVに対応した最新鋭のマルチ決済装置「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」を発売開始しております。(公式サイト: https://www.flight.co.jp/meister/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング