百度本社が「Baidu World」を北京で開催

PR TIMES / 2014年9月5日 12時6分

~毎年恒例のバイドゥの技術革新カンファレンス開催~

 Baidu, Inc.(本社:中華人民共和国北京市、Baidu会長兼CEO:Robin Li、米NASDAQ:BAIDU、以下Baidu)は、毎年恒例となっている技術革新カンファレンス「Baidu World 第9回」が9月3日、北京のチャイナワールドホテルで開催されました。
 Baiduはこの度のカンファレスにて、モバイル時代にサービスと消費者が直接に繋がるための最良の方法が提供できるモバイルワンストップ検索ソリューション「百度コネクト(百度直达号)」などを発表しました。




■イベントハイライト

・Baiduの創業者、会長兼CEOロビンリーの基調講演

ロビン・リーは講演で2つの重要な動向を語りました。初めに、技術がより“自然で”“直感的”なインターフェイスの実現に向けて急速に動いているということ。ふたつめが、ユーザーがモバイル検索を使用しサービスを探すことが増えたことです。(2013年7月から2014年7月までの期間では、Baiduモバイル検索のクエリー数が133%増加)

「モバイル時代において、検索エンジンに対するユーザーの期待は変わってきた。彼らはBaiduに、サービスとユーザーを繋げることを望んでいます。」

ロビン・リーは、既存のサービス業がこれまでモバイルウェブサイト、Native App、公式アカウント、クーポンなどを利用してモバイルインターネットに移行してきたが、まだまだ足りないことが多いと見ている。彼は、企業がリピーターとの関係を維持しながら、沢山の新しいお客さんを集客できるように、Baiduが新しい技術を駆使して企業がモバイル時代におけるチャンスを掴めるようなソリューションを創出したいと考えいる。


・百度コネクト(中国語:百度直达号)お客さまがモバイルでワンストップで企業のサービスにアクセスできる

Baiduのエリック・リーがBaiduのモバイルワンストップ検索ソリューション―「百度コネクト」を発表した。エリック・リーは、百度コネクトは既存のサービス業がBaiduモバイルプラットフォーム上でオフィシャルアカウントを開設できると説明した。開設することでユーザーがBaiduモバイル検索上で@企業アカウント名を検索するとワンストップで直接企業サービスサイトにたどり着けます。BaiduMapサービスも「付近検索機能」のリリースを予定しており、サービス企業のサービスまたは情報をダイレクトでユーザーに提供できる。さらに、百度コネクトはCRM機能も完備しており、企業はターゲティングマーケティングの実施が可能となる。従来のモバイルウェブサイト、Native App、オフィシャルアカウントなどのマーケティング手段と比べて、百度コネクトは「集客範囲が広い、コンバージョン率が高い、継続率が高い、開設手続きが簡単」など四つの強みがあり、企業の「新規誘致、リピーター維持、サービス品質改善」などの課題を解決できると考える。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング