BBT大学がe-Learning大賞 厚生労働大臣賞を受賞

PR TIMES / 2014年10月31日 16時14分

「国際的視野と開拓者精神を有する人材の育成に効果のあるBBT大学とAirCampus(R)の取組」

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)が運営する「ビジネス・ブレークスルー大学(以下、BBT大学)」は、第11回日本e-Learning大賞の厚生労働大臣賞を受賞いたしました。正規の学校教育法一条校でありながら、本格的なオンライン大学として多数の社会人のキャリア形成や就業支援としての役割を果たしている点が高く評価されました。

日本e-Learning大賞とは、日本全国の企業、自治体、団体、学校、個人におけるeラーニングの活用法を共有し、生産コストダウン、生産性向上、業務改革、新しい学習の可能性・学力向上等に寄与する、などの点から評価し、優れたコンテンツ、サービス、ソリューションを表彰するものです。

今年5年目を迎えるBBT大学は、文部科学省の認可を受けた、100%オンラインのみで経営学の学士取得が可能な大学として、多くの学生、ビジネスパーソンに良質な教育コンテンツを提供し続けて参りました。2014年3月にははじめての卒業生を輩出し、世界で活躍する人材の育成というミッションに向け、日々尽力しております。今回の大賞では、主に以下のポイントが評価され、多数の応募者の中から名誉ある「厚生大臣賞」を受賞することができました。

評価いただいた主なポイント(受賞決定文書より一部抜粋)


●「本格的なオンライン大学として2014年に3月に卒業生が社会に輩出され」ている点

●「入学式と卒業式を除き、様々な学習活動、各種事務手続き、関連する決済、各種サポートといった学生生活がオンライン上で完結するようになっており、時間と場所の制約をほとんど受けない学生生活が可能になっていることを実証した」点

●「組織としては正規の学校教育法一条校であるが、学生の平均年齢は30歳、約80%が25歳以上でかつ8割が社会人である。このようにフルオンラインの環境提供により社会人の学び直しとさらなるキャリアアップの場として機能しており、欧米の大学と比べ日本の大学で大きく欠落している社会人の再教育の場として明確に認知されるに至り、キャリア形成、就業支援としての役割を果たしつつある」点

●「学生がドロップアウトしやすいタイミングとイベントをデータから特定して対策を行い、開学当初15%程度あった半期ドロップアウト率を10%以下まで改善するなどオンラインで学生を定量的、統計的に管理できる特性を生かしたICT活用による総合的な人材育成の仕組みを実現している」点

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング