【NEWリリース!】株式会社ブックビヨンド、財団法人・研究者による調査研究レポートの電子出版支援を開始

PR TIMES / 2014年7月24日 16時46分

★公財)ダイヤ高齢社会研究財団の調査・研究報告書などをデジタルライブラリー化
★シリーズ第1弾は、高齢社会におけるシニアの「健康」「生きがい」「経済」等がテーマ(5タイトル)
★電子書籍ストア「BookBeyond」にて、7月24日(木)より無料配信開始


学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、財団法人・研究者による調査研究レポートの電子出版支援として、三菱グループ系の公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団の研究成果である『ダイヤ財団新書』シリーズのデジタルライブラリー化を開始いたします。
シリーズ第1弾として、高齢社会におけるシニアの「健康」「生きがい」「経済」等をテーマとした調査・研究成果から5タイトルを電子書籍化し、7月24日(木)より電子書籍ストア「BookBeyond」にて配信開始いたします。

http://bit.ly/1p9zaii



■『ダイヤ財団新書【電子書籍版】』第1弾(5タイトル)

Vol.1 定年後、第三の居場所とは 建築学と社会学から考える
Vol.2 はつらつとしたセカンドライフを送るために 高齢期のメンタルヘルス向上について
Vol.3 シニアが拓くこれからの日本 新しい退職後の生き方にチャレンジ!
Vol.4 都市コミュニティーを救うシニアの力 プロダクティブ・エイジングの視点から
Vol.5 超高齢社会における従業員の働き方と企業の対応に関する調査報告書(要約版)


■実践的な調査・研究成果を、より多くの人へ

今回、デジタルライブラリー化する『ダイヤ財団新書』シリーズは、電子書籍ストア「BookBeyond」にて無料で配信。全国各地の地域・企業・自治体などで高齢社会が抱える課題に対応する担当者の方にも、これらの調査・研究成果を自由に利用していただけます。
今回の電子出版支援サービスは、一定のニーズがありながらも露出機会が減少している出版物を電子書籍化により多くの人へお伝えすることで、国内研究者の活動成果のさらなる普及に貢献する事業となっています。


■検索性とアーカイブ性に優れた電子書籍

電子書籍は、紙の書籍に比べて、検索性(キーワード検索)とアーカイブ性(保管場所が不要)に優れているという特長があります。
国際学術出版社が、日本の研究者を対象に電子書籍(英文学術書の電子版)に関する認知度および利用行動調査結果をまとめた調査※1によれば、日本の研究者における紙と電子の利便性比較では、81%が検索性とアーカイブ性に優れた電子書籍を支持。スマートフォンやタブレットなどのモバイル所有者のうち73%が「電子書籍を利用したことがある」と回答しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング