優勝チームは世界大会に進出!リーグ・オブ・レジェンド国内プロリーグ「LJL 2018 Summer Split FINAL」スターティングメンバー発表!9月15日(土)17時~ DFM vs USG

PR TIMES / 2018年9月13日 20時1分

Twitch、OPENREC、AbemaTVの各チャンネルにて【LIVE放送】

世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、以下:LoL)」の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(所在地:港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司、以下:ライアットゲームズ)は、世界大会へとつながるLoL国内プロリーグ年内最終戦『LJL 2018 Summer Split FINAL』のスターティングメンバーを発表します。本試合はDetonatioN FocusMeと、Unsold Stuff Gamingの2チームによりBo5形式(先に3勝したチームが勝利)で行われます。試合の模様は、TwitchおよびOPENREC、AbemaTVの各チャンネルにてLIVE放送します。



また、今回のFINALで勝利したチームは、10月1日~11月3日に開催されるLoLの世界大会(2018 League of Legends World Championship / 開催地:韓国)に日本代表チームとして出場します。世界大会へとつながる『LJL 2018 Summer Split FINAL』にどうぞご注目ください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-578191-0.jpg ]


【LIVE放送】
・LJL公式Twitchチャンネル: https://www.twitch.tv/riotgamesjp
・LJL公式OPENRECチャンネル: https://www.openrec.tv/user/riotgames_jp
・ウルトラゲームスチャンネル(AbemaTV): https://abema.tv/channels/ultra-games-3/slots/BfBuijt2qZUTdy

【試合形式】
Bo5(先に3勝したチームが勝利)


<出場チーム紹介>


DetonatioN FocusMe (デトネーション フォーカスミー / DFM)


[画像2: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-688092-1.jpg ]

DetonatioN FocusMeは、前シーズンの悔しい気持ちを胸に、リベンジャーでありチャレンジャーとしてLJL王者奪還を目指します。チーム史上最強の布陣であり、ファンの皆様の期待に応えられるよう、チーム一丸となってLJLに臨みたいと思っておりますので、応援のほど宜しくお願いいたします。


■Top: Evi(エビ)
日本人では数少ない世界トップレベルの韓国サーバーでチャレンジャーになった選手の一人。高いレベルの個人技を持っており、素晴らしいプレイでファンを魅了する。2018年のアジア競技大会の日本代表選手にも選ばれている。
[画像3: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-873310-5.jpg ]

■Jungle: Steal(スティール)
韓国の有名チームKT Rolsterで練習生をしていた実力派ジャングルプレイヤー。LJLのチームに所属して1年経ち、日本語でのコミュニケーションを取れるまでに成長。その安定したマップコントロールでチームを勝利に導く。

[画像4: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-775101-6.jpg ]

■Mid: Ceros(セロス)
チャンピオンプールの広さから、たびたび「日本発」のオリジナルメタを生み出すプレイヤー。長年の経験で培ったプレイにより、大黒柱としてチームを引っ張る。2018年のアジア競技大会の日本代表選手にも選ばれている。
[画像5: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-758571-7.jpg ]

■ADC: Yutapon(ユタポン)
DFMのエースプレイヤー。どのロール、どのチャンピオンでも高水準に使いこなし、ゲームの理解度もとても高い。天才的プレイと高い攻撃力でチームを牽引する。
[画像6: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-703544-8.jpg ]

■Support: viviD(ビビッドゥ)
韓国人プレイヤーとしてDFMに加入してから、LJLでのプレイも3年目に突入。日本語でのコミュニケーション能力も高く、選手同士の橋渡し的な存在でもある。その練習量から、数々の名プレイを生み出している。Yutaponとの連携も深まり、ボットレーンを生かしたゲームメイクに期待。
[画像7: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-441995-9.jpg ]





Unsold Stuff Gaming (アンソールド スタッフ ゲーミング / USG)


[画像8: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-354324-2.jpg ]

Unsold Stuff Gamingは、一つのことに時間をかけて一生懸命に打ち込んできた体験は、どのような体験でも平等に評価されるべきと信じています。ゲームに没頭する人は、世間的には「ゲーマー」と呼ばれ、あまりよくない(売れ残り)印象があるようですが、USGはそれらが間違っていることを、証明していきます。ゲーム(eスポーツ)は、現在のスポーツにはない、「性別や身体的特徴の垣根を越えて」競い合う環境を提供できる可能性を秘めています。ゲームを現在のスポーツのような将来性のある競技として世の中に伝え、eスポーツとして認知して頂くことで、プレイヤーのイメージも現在より改善され、少なからず救われる人達もいると信じています。人生の成功体験の選択肢をわずかながらでも、増やせればと考えています!

■Top: apaMEN(アパメン)
Unsold Stuff Gaming 設立から所属するチームリーダー。TOPレーンではあらゆるチャンピオンのカウンターピックをすることができる。別のポジションも担当してきた経験からチャンピオンプールが幅広い。
[画像9: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-870575-10.jpg ]

■Jungle: Tussle(タッスル)
LJL 2017 Summer Split 優勝チームのRampage(現PGM)から今季USGに加入。日本語が達者で、選手同士のコミュニケーションがしっかりとれるため、チームのコーラーとしての役割を果たす。
[画像10: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-470200-11.jpg ]

■Mid: Gariaru(ガリアル)
LJL 2018 spring splitよりスターターメンバーに抜擢された選手。サブの選手としてチームを見守ってきたことから、チームメンバーの特徴を理解したコミュニケーションを取ることができる。チームで一番向上心がある。
[画像11: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-854217-12.jpg ]

■ADC: Gango(ガンゴ)
2014年のWorld Championship優勝チームSamsung WhiteにサブADCとして所属していた、ハイスペックな経歴をもつ選手。経験を活かした素晴らしいプレイを見せる。
[画像12: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-602168-13.jpg ]

■Support: Enty(エンティ)
apaMEN選手と同様に、Unsold Stuff Gaming 設立から所属する選手。LJLトップリーグで活躍し続ける数少ない日本人サポートプレイヤー。ビックマウスな面もあるが、それに相応しい高い実力を持つ。
[画像13: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-577027-14.jpg ]




LJLとは


[画像14: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-993730-3.jpg ]

『League of Legends Japan League(LJL)』は、ライアットゲームズによるリーグ・オブ・レジェンドの日本公式プロリーグです。2016年の発足以来、トップリーグと2部リーグに各6チームが所属しています。シーズンは、「Spring Split」と「Summer Split」の2つに分かれ、トップリーグでは世界大会(Mid-Season Invitational(MSI)/ World Championship (WCS))への挑戦権をかけて優勝を争います。各Splitでは、トップリーグ下位2チームと2部リーグの上位2チームとの入れ替え戦を実施するなど、あらゆるeスポーツプレーヤーにプロリーグへの門戸が開かれています。各試合の模様は、TwitchおよびOPENRECのLJL公式チャンネルでLIVE放送され、誰でも観戦することができます。
LJL公式ホームページ: https://jp.lolesports.com/



ライアットゲームズとは

「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界19ヶ所にオフィスを展開。(2017年3月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。


リーグ・オブ・レジェンドとは


[画像15: https://prtimes.jp/i/24470/44/resize/d24470-44-824697-4.jpg ]

2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称 MOBA)と呼ばれる5人対5人を基本とした対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力に RPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eスポーツの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship」は視聴者数5760万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
オフィシャルサイト: http://jp.leagueoflegends.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング