1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

LGBTQ+当事者と企業が、ダイバーシティのある働き方を考える『Indeed Rainbow Voice 2021』アフタートーク動画公開

PR TIMES / 2021年8月27日 10時15分

杉山文野さんをナビゲーターに迎え、H&M、サリー楓さんらが出演。8月27日(金)より、Indeed公式YouTubeチャンネルにて配信開始。

世界No.1求人検索エンジン*「Indeed (インディード)」の日本法人であるIndeed Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:大八木 紘之、 https://jp.indeed.com 以下Indeed)は、2021年4月から6月にかけて、ダイバーシティのある働き方を推進するプロジェクト『Indeed Rainbow Voice 2021』を展開いたしました。



6月24日(木)には、プロジェクト期間中に『Indeed Rainbow Voice 2021』特設サイトに寄せられた、LGBTQ+の方々の仕事や職場、仕事探しに関する悩みや想いに関する「声」をもとに、本プロジェクトのパートナー企業の皆様と「Rainbow Voiceアフタートーク」セッションを実施いたしました。このセッションの様子をまとめた動画を、8月27日(金)よりIndeed公式You Tubeチャンネルにて公開いたします。

*「Rainbow Voiceアフタートーク」動画URL: https://youtu.be/RaMVAYaalNg
*『Indeed Rainbow Voice2021』特設サイト: https://jp.indeed.com/cm/rainbow
[画像: https://prtimes.jp/i/28842/44/resize/d28842-44-8fe39f0c7691775d6ee7-0.jpg ]


「Rainbow Voiceアフタートーク」では、東京レインボープライド共同代表理事 杉山文野氏の司会のもと、Indeedに加え、本プロジェクトのパートナー企業であるアクセンチュア株式会社、エイチ・アンド・エム へネス・アンド・マウリッツジャパン株式会社(以下、H&M)の3社、および、LGBTQ+当事者でもある、建築家のサリー楓氏にご参加いただきました。職場でのコミュニケーションや採用プロセスなどにおける悩みの声に応える形で、企業や採用する側は何ができるのかを考えました。

Indeedは、「We help people get jobs.」をミッションとし、LGBTQ+の方々を含むすべての人々が自分らしく働ける社会を実現していきたいと考え、さまざまな取り組みを行なっています。本プロジェクトが、あらゆる人々が公平に自身にあった仕事を見つけられ、自分らしく幸せに働けるような、ダイバーシティのある働き方や社会が実現するための一助となりましたら幸いです。

■Rainbow Voice アフタートーク セッション概要
・配信開始日:2021年8月27日(金)10:00
・動画URL: https://youtu.be/RaMVAYaalNg
・出演者:
アフタートーク出演


NPO法人東京レインボープライド共同代表理事、株式会社ニューキャンバス 代表取締役 杉山 文野氏(ナビゲーター)
アクセンチュア株式会社 シニア・マネジャー 佐藤 守氏
エイチ・アンド・エム へネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社 リージョナルHRマネージャー 岡村 光子氏
建築家 サリー楓氏
Indeed Japan株式会社 ダイバーシティ&インクルージョン シニアマネジャー アンソニー・大輔・エストレラ

コメント出演


滝沢ななえ さん
Taiki & Noah さん
KEISHAN さん



■Indeedの取り組みについて

Indeedは、5つのバリューを掲げていますが、そのうちの一つが「Inclusion & Belonging」です。私たちは、バックグラウンドや経験や考え方の多様性が、よりよい職場、よりよい意思決定、より多くのイノベーションを生むと信じています。多くの人が、採用プロセスにおいて偏見や参入障壁を経験しています。Indeedでは、テクノロジーの力でこういった偏見や参入障壁を減らしていきたいと考えています。

また、Indeedには、従業員が自主的に運営するIRG(インクルージョンリソースグループ)が10個あり、職場の差別や偏見をなくすために積極的に活動しています。そのうちの一つが、「iPride インクルージョン グループ」です。このグループは、Indeedの社内外においてLGBTQ+の文化やコミュニティを祝い、サポートするために存在しています。世界各国で活動していますが、日本でも積極的に活動し、研修やワークショップ、ゲストスピーカーを招いての講演会の実施など、さまざまな取り組みを行なっています。

日本におけるLGBTQ+運動の歴史と進展についての講演を行ったり、LGBTQ+をテーマとした映画祭で社員に映画鑑賞の機会を提供したりもしました。また、Indeedの製品開発やチームづくりにおいても、よりInclusive(包括的)なものとなるよう、各種サポートを行っています。


Indeed (インディード) について
Indeedは、世界で最も多くの求職者に利用されている世界No.1求人検索エンジン*です。現在60ヵ国以上、28の言語でサービスを展開し、求職者はパソコンやモバイルで何百万もの求人情報を検索することができます。月間で2億5千万以上のユーザーがIndeedを利用**し、求人検索や履歴書の登録、企業の情報検索を行っています。詳細は https://jp.indeed.comをご覧ください。
*出典:comScore 2020年3月訪問数
**出典:Google Analytics 2020年2月ユニークビジター数

■プレスリリースはこちらからもご確認いただけます。
Indeed Japan Press Room: https://press.indeed.com/jp/press/210827/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング