1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

スタートアップ企業育成支援プログラム「J-Startup KANSAI」に、glafit株式会社が和歌山県内から初選出されました

PR TIMES / 2021年10月22日 19時15分

マイクロモビリティの開発から販売まで一貫して手掛けるglafit株式会社(グラフィット、本社:和歌山県和歌山市、代表取締役:鳴海禎造、以下glafit)は、近畿経済産業局が推進するスタートアップ企業育成支援プログラム「J-Startup KANSAI」に、関西を代表する起業家・ベンチャーキャピタリスト・アクセラレーターなどの関西のスタートアップに精通する 79 名からの推薦を基に、和歌山県内から初めて選出されました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31007/44/resize/d31007-44-4ada5ac1ea1a9d328421-0.png ]



「J-Startup KANSAI」概要


「J-Startup KANSAI」は、経済産業省の J-Startup プログラムの地域展開として、令和2年9月に開始され、関西発の有望なスタートアップ企業群を明らかにし、地域ぐるみで起業家を応援・支援する仕組みを構築することで、地域が起業家を生み、育てる好循環(=「エコシステム」)の強化を目指すことを目的としています。


J-Startup KANSAI 特設サイト ▶ https://next-innovation.go.jp/j-startup-kansai/



代表取締役CEO 鳴海禎造 からのメッセージ


この度は「J-Startup KANSAI」に選定していただき、とても光栄に思います。私たちglafitは和歌山県に本社を置いておりますが、関西圏でもあまり馴染みのない県だと思います。今回の選出を機に、私たちglafitが和歌山から、次世代スタートアップのロールモデルとなれるよう、今後新しい移動体験を世界に向け発信し、事業のさらなる拡大を図って参ります。



glafitの電動マイクロモビリティラインナップ


■ハイブリッドバイクGFR-02
[画像2: https://prtimes.jp/i/31007/44/resize/d31007-44-c4eb277c80fce45f7adb-1.png ]

●電動バイク×自転車 の二刀流 ハイブリッドバイク
外見は折りたたみ自転車、中身は電動バイクとして走行でき、オプションの「モビチェン」をつければ、道路交通法上も切り替えを認められ、利用シーンに合わせて自転車、電動バイクの使い分けが可能です。
【特徴】
・簡単に折りたたみができ、置き場所に困らないコンパクトさ
・100%電動のため家庭用コンセントで充電ができる便利さ
・バッテリーがフレーム内に収まるスタイリッシュさ
詳しくは ▶ https://glafit.com/products/GFR/GFR-02/


■X-SCOOTER LOM(クロススクーターロム)


[画像3: https://prtimes.jp/i/31007/44/resize/d31007-44-1916e6a0e67378e29349-3.jpg ]

●立ち乗り電動スクーター
今人気の電動キックボードと一線を画す、大きなタイヤと両足ステップで、段差や窪みも安定してタフに走行でき、公道走行可能な国内保安基準を満たした、新しい乗り物です。
【特徴】
・折りたたみでき、持ち運び可能なコンパクトさ
・100%電動のため家庭用コンセントで充電ができる便利さ
・バッテリーは着脱可能で、バッテリーの交換だけで長く使えサスティナブルに
※2022年一般販売に向け準備中
詳しくは ▶ https://glafit.com/products/LOM/


glafitについて


[画像4: https://prtimes.jp/i/31007/44/resize/d31007-44-a98a4530fb16119c15fc-2.jpg ]

glafitは、マイクロモビリティの開発から販売まで一貫して手掛ける和歌山に拠点を置くベンチャー企業です。「移動をエンターテインメントに変え、人々の生活をより豊かにする」ことを企業理念とし、今後も皆さんに新しい移動体験をお届けする、マイクロモビリティを世の中に送り出してまいります。
【会社概要】
所在地:和歌山県和歌山市出島36-1
代表者:代表取締役 鳴海 禎造
社員数:16名(2021年10月1日現在)
設立年月日:2017年9月1日
WEBサイト: https://glafit.com/


【本件に関するお問い合わせ先】
glafit株式会社 広報:安藤
Email:pr@glafit.com




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング