不動産情報サイト「ノムコム」住宅購入に関する意識調査(第6回)を実施

PR TIMES / 2014年1月22日 15時46分

~東京五輪開催は「不動産価格を押し上げる効果がある」と68.1%が回答~

野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島青史)は、2014年1月7日(火)~1月13日(月)、不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nomu.com/) の会員を対象とした「住宅購入に関する意識調査(第6回)」を実施いたしました。この度、調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。



【調査結果のポイント】
■「不動産は買い時」と62.4%が回答
 ・不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ62.4%が「買い時」と回答し、前回調査(2013年7月)と比べると0.9ポイント減少しているものの、「買い時だと思う」単独では1.5ポイント増加しており、「買い時」感は高い水準で推移している。買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く55.9%、「今後、物件価格が上がると思われる」が45.8%と続く。前回調査で最多回答だった「住宅ローンの金利が上がると思われる」は、今回調査では34.0%で、前回調査から19.5ポイント減少した。

■「不動産の価格は上がる」の回答が48.7%、「住宅ローン金利は上がる」の回答は54.0%
・不動産の価格については、「上がると思う」が48.7%と前回調査(2013年7月)から3.9ポイント増加した。上がると思う理由については、「アベノミクス効果」に加え「東京オリンピック効果」に期待する意見が目立った。
・住宅ローン金利については、「金利は上がると思う」が54.0%と前回比で14.4ポイント減少したが、依然として半数を超える。「ほとんど変わらないと思う」は31.6%と前回比で13.0ポイント増加した。

■東京五輪開催は「不動産価格を押し上げる効果がある」と68.1%が回答
・「2020年に東京五輪が開催されることにより、不動産価格はどのような影響を受けると思いますか」という設問に対し、68.1%の方が「不動産価格を押し上げる効果がある」と回答した。
・東京のインフラ整備や再開発計画の中で注目している計画については、1位東京五輪開催に向けた臨海部の大型開発(競技場整備、選手村整備など)、2位 成田空港・羽田空港との「都心直結線」計画、3位 リニア中央新幹線の整備、という結果となった。

【調査概要】
調査時期 : 2014年1月7日(火)~1月13日(月)
調査対象 : 不動産情報サイト「ノムコム」会員約20万人のうち、ノムコムPC会員約16万人 (2014年1月 現在)
       ※「ノムコム」会員とは、購入検討者を中心としたWeb会員組織
有効回答数: 1, 710人
調査方法 : インターネット調査

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング