フュージョンマーケティングに対する「スイブルスイーパーG2」の商標権侵害訴訟判決について

PR TIMES / 2013年3月25日 15時27分

ショッピングブランド 「ショップジャパン」、「ヒルズコレクション」、「エクサボディ」を展開する株式会社オークローンマーケティング(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:ハリー・A・ヒル 以下:OLM)はこのたび、フュージョンマーケティング株式会社が販売する類似品の販売差し止め及び損害賠償の支払いを求めて訴訟しておりましたが、以下の通り和解が成立いたしましたので、お知らせいたします。

訴訟及び和解の概要
フュージョンマーケティング株式会社は、自社サイトなどを通じて、OLMの商品である「スイブルスイーパーG2」とスイブルスイーパーの類似品をセットにし「スイブルスイーパーG2 他ダブルセット」という名称で販売しておりました。 東京地方裁判所(東海林保裁判長)は2013年2月19日、フュージョンマーケティング株式会社がOLMの商品である「スイブルスイーパーG2」の商標権を侵害していることを認め、販売を中止し、和解金を支払うよう勧告。このたび和解が成立いたしました。

OLMでは、模倣品業者に対し、その事業規模等に拘わらず通告や訴訟などを通じ厳正なる姿勢で臨んでおります。今後も健全な業界づくりを目指して、消費者保護と知的財産権を守るため模倣業者に対して、引き続き断固たる対応を推し進めてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング