テラデータ、2012年第1四半期の業績を発表

PR TIMES / 2012年5月10日 15時20分

テラデータ、2012年第1四半期の業績を発表
-売上高は2011年度第1四半期から21%増-

[2012年5月3日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

アトランタ発 - テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、2012年度第1四半期の業績を5月3日(現地時間)に発表しました。

2012年度第1四半期の売上は6億1,300万ドルで、前年同期の5億600万ドルから21%増加しました。当第1四半期の売上増には、為替変動による1%のマイナス効果が含まれています。売上総利益率は55.1%で、前年同期の54.3%を上回りました。米国会計基準に基づいた純利益は9,100万ドルで、希釈済み1株あたり0.53ドルでした。前年同期の純利益は6,500万ドルで、希釈済み1株あたり0.38ドルでした。

テラデータの社長兼CEO マイク・コーラーは次のように述べています。「2012年第1四半期の売上高は、第1四半期としては過去最高の伸びとなりました。これは、製品の売上高が過去最高の31%増という業績を達成できたことに起因しています。弊社は市場において最も幅広く深みのあるポートフォリオを揃えており、あらゆる組織のデータ分析ニーズに対応することが可能です。また、データウェアハウジング、ビッグデータ分析、統合マーケティング管理という三大成長市場において良いポジションにいます。今後、組織の経営幹部レベルにとって、データおよび分析の優先順位はますます高くなり、全地域にわたって活動が強力に推進されることが予測できます。そのため、2012年度通期の売上高伸び率の予測を上方修正します」

# # #

◆プレスリリースの原文はこちらをご参照ください。(PDFファイルが開きます)
Teradata News Room  
http://www.teradata.com/News-Releases/2012/Teradata-Announces-2012-First-Quarter-Results

◆Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、データベース・ソフトウェア、データウェアハウス・アプライアンス、そしてエンタープライズ・アナリティクスを通じた、データウェアハウジングおよび統合マーケティング管理分野における世界最大規模の企業です。 http://www.teradata.com/

◆日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

# # #


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング