1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

紅白34回出場の石川さゆりが、渋谷スペイン坂スタジオに初出場!~生きていることは変化!歌に飽きたら明日にでも歌手をやめる~

PR TIMES / 2012年8月30日 17時10分



TOKYO FMの番組 『シンクロのシティ』(月-木16:00~18:45)では、8月29日(水)のゲストとして、今年で歌手活動40周年、9月19日にデビュー40周年記念アルバム第2弾『X-Cross-』をリリースする、石川さゆりを迎えました。紅白歌合戦には34回も出場している石川さゆりですが、渋谷スペイン坂スタジオには今回が初出場。スタジオの椅子に座ったとたん「座り心地がいい~!」と、リラックスした様子で番組がスタートしました。

【シンクロのシティ出演時の様子】
番組の冒頭では、40周年記念としてリリースした楽曲「浜歌」を紹介。宮城県東松島に古くから伝わる「浜甚句」を取り入れたもので、パーソナリティの堀内貴之が「浜甚句」ってどんな曲ですか?と尋ねると、石川がすかさず、♪はあ~船は出て行く~あら、朝日がのぼる~かもめ飛び立つ~~♪と即興で一節、披露。集まったファンも思わず手拍子を打って聞き惚れました。9月19日リリースされる40周年記念アルバム第2弾『X-Cross-』は、THE BOOMの宮沢和史、くるりの岸田繁、奥田民生らが楽曲提供する話題作。その中で、歌詞が18番もある“石巻復興節"については、石川が仮説住宅の石巻開成団地を訪れた際に、住民から「仲良くなるために自分たちの歌が欲しい」とリクエストされ、くるりの岸田繁に電話して「一緒に歌を作ってほしい」と依頼。石巻の人々から一言ずつ言葉をもらい、岸田が18番の歌詞にまとめあげたという裏話を披露してくれました。歌手活動40周年への想いを聞かれると、「津軽海峡冬景色や天城越えは何千回も歌っているが、飽きたことはない。詩とメロディーは同じだが、私が生きているから、そのときどき、感じることが違う。生きていることが変化。歌を通してそれを表現できるのは幸せ!・・・・でも、眠たくて今日は起きたくないっていうときは、歌手をやめたいと思うこともある」と、おちゃめな一面を覗かせる場面も。番組の終わりに、パーソナリティの堀内貴之とMiOが石川の印象について「包み込むやさしさと、少女の可愛らしさがある」と伝えると、「また来ちゃおうかな~。今度は着物で!!」と、次回の出演に意欲を見せました。

☆2012年9月5日発売  
映画「夢売るふたり」CMイメージソング「生まれ変わるよりも」
作詞・作曲:宮沢和史(THE BOOM)/編曲:福井峻
TECA-12390/マキシシングル ¥1,200(税込)
<収録曲> M1.生まれ変わるよりも M2.さがり花 
 
☆2012年9月19日発売  
石川さゆり40周年記念 アルバム第2弾(ミニアルバム)
「X-CROSS-」(クロス) TECE-3111/¥2,500(税込)
常に音楽シーンに新鮮な話題を提供してきた石川さゆりが、新たな扉を開いた!! 
6月にリリースした40周年記念 第一弾アルバム「石川さゆり×なかにし礼作品集」に続き“表現者×制作者”の化学反応が楽しめる第二弾、「×-Cross-」がついに完成。ヴォーカリスト、そして、一流のパフォーマーである石川さゆりが、音楽のバックボーンが皆異なる、多彩で個性あふれる制作陣との今回のプロジェクト。石川さゆりと、それぞれの込めた思いとが“クロス”した作品群は、概念や、ジャンル分けなど必要としない、上質の大人の音楽を楽しめる、そんな一枚に仕上がっている。

【番組概要】
番 組 名: シンクロのシティ (TOKYO FM)
放送日時: 月-木16:00~18:45
出 演 者: 堀内貴之・MiO
番組HP:  http://www.tfm.co.jp/city/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング