「MONEX 個人投資家サーベイ 2013 年7 月調査」

PR TIMES / 2013年7月30日 15時27分

少額投資非課税制度(NISA)の認知度調査など



マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2009 年10 月より、マネックス証券に口座を保有する個人投資家を対象に、相場環境に対する意識調査を月次で実施しております。

このたび、2013 年7 月19 日~22 日にインターネットを通じて実施したアンケート調査1,205 件の回答結果を報告書にまとめました。マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木 隆の総括と併せてご活用ください。

【調査結果要約】

(1)個人投資家の見通しDI(※1)は日本株・米国株では小動き、中国株は大幅に低下
 【日本株DI】 (2013 年6 月) 38 → (2013 年7 月) 32 (前月比-6 ポイント)
 【米国株DI】 (2013 年6 月) 44 → (2013 年7 月) 48 (前月比+4 ポイント)
 【中国株DI】 (2013 年6 月) -40 → (2013 年7 月) -68 (前月比-28 ポイント)
 前回調査時(2013 年6 月)以降、日経平均株価は上昇しているものの個人投資家の日本株DI は、小幅に低下しました。米国株DI は、7 月中旬以降NY ダウ平均が史上最高値を更新していることなどが影響し、小幅に上昇しました。中国では、HSBC が発表した6 月の中国製造業PMI が先月同様50 を下回り48.2(5 月:49.2)となったこと、中国人民銀行が金融不安問題に対する金融制度改革の一環として貸出金利の下限規制の撤廃を発表し、金融制度改革に取り組む姿勢を見せたものの金融市場への不安感を解消しきれなかったことなどの要因で、中国株DI は大幅に低下(前月比-28 ポイント)し、2009 年10 月の調査開始以来最低となりました。
(※1)「上昇すると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント

(2)業種別魅力度ランキングは、7 ヶ月連続で「自動車」と「医薬品」が上位2 位を独占
 個人投資家が「魅力的であると思う業種」ランキングでは、7 ヶ月連続で「自動車」と「医薬品」が上位2 位を独占しています。前回調査時よりも円安傾向であったことが影響してか「自動車」が首位となりました。また、「医薬品」は2009 年10 月の調査開始以来、継続して上位2 位内に位置しています。

(3)今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通し:円安を見込む向きは微増し約6 割に
 FRB 議長の量的緩和縮小をめぐり6 月半ばまで1 ドル93 円台まで円高にふれました。しかし、2013 年6 月19 日のFRB のバーナンキ議長の発言などにより、再び100 円を上回る水準まで円安となったことが影響してか、今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通しでは、円安を見込む層は前回調査時より9 ポイント増の62 ポイントとなりました。(53→62)逆に円高を見込む層は15 ポイント減の9 ポイントとなりました。(24→9)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング