1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【年末年始のお片付けをワクチン支援に】12/9(土)から「キモチと。回収支援キャンペーン」を開催!買取対象は、本、CD・DVDからPC、スマホ、楽器までブックオフで買取できる30品目以上!

PR TIMES / 2023年12月1日 12時38分

「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(以下JCV)とブックオフコーポレーション株式会社(以下ブックオフ)は、ブックオフの宅配買取寄付サービスを活用した「キモチと。回収支援キャンペーン」を、2023年12月9日(土)~2024年1月8日(月)の期間で開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7754/45/resize/d7754-45-2e065807eaf4070fe5aa-7.png ]

本キャンペーンでは、家、会社や学校に眠っている、使われていないものを「キモチと。」を通して送料無料で送ると、ブックオフが買い取り、買取額にブックオフご協力分の10%が上乗せされた金額が、途上国の子どもたちへのワクチン支援となります。買取対象は、定番の本やCD・DVD・Blue-rayからPC、スマホ、楽器に至るまで、30品目以上です。
キャンペーンに参加して、年末年始のお片付けの際に出る不要品を、途上国の子ども達の命を守るワクチンのプレゼントに換えてみませんか?
キモチと。申し込みページ:https://www.bookoffonline.co.jp/sellfund/BSfSellFundEntry.jsp?PARTNER_CD=ZW002
買取可能な物品の一覧:
https://www.bookoffonline.co.jp/files/sell/kaitori.html#SellKaitoriList
【年末年始のお片付けを通して無料で参加できるワクチン支援】


もうすぐ年末、大掃除を始められる方も多いと思いますが、その際に出てくるのが、たくさんの不要品。「自分にはもう必要ないけれど、何かに役立てられないかな。」、「処分にお金をかけるのももったいないな。」と感じることもよくありますよね。JCVでは、そんな不要品を無料で回収し、途上国の子ども達にワクチンのプレゼントを贈れる「キモチと。回収支援キャンペーン」を開催いたします。
参加方法はわずか3STEP!1.物品を集め、2.段ボール箱などに梱包し、3.専用サイトかメール、電話で申し込むだけ。宅配業者がご自宅やオフィスまで集荷に伺った後、ブックオフが査定した買取金額+10%(ブックオフご協力分)がJCVに寄付され、感染症を予防するためのワクチンや関連機器が途上国の子どもたちに贈られます。送料無料のこのキャンペーンは、個人に限らず、SDGsを推進する企業や団体さまもご活用いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7754/45/resize/d7754-45-3afe134301c45bdb912d-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/7754/45/resize/d7754-45-988761b3690e469c9d7c-1.jpg ]

【買取対象は30品目以上!送料無料!】


キャンペーンで回収・買取対象となるのは、ブックオフで買取可能な全ての商品です。その数は、なんと30品目以上!定番の本やCD・DVD、ゲームなどから、PCやスマホ、さらにはギターなどの楽器、買取するサービスが少ないチャイルドシートやミシンなども含まれます。様々な物が対象ですので、大掃除や断捨離、終活などでふいに見つかったものでも、送料無料でリユースと子どもワクチン支援に活かすことができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/7754/45/resize/d7754-45-4506235fc1f9546a293c-6.jpg ]

【キモチと。回収支援キャンペーン詳細】


●対象期間: 2023年12月9日(土)~2024年1月8日(月)
●対象物品: 本、CD、DVD、ゲーム、おもちゃ、ブランド品、ジュエリー、金、プラチナ、楽器、アウトドア用品、スニーカーなど

ブックオフは、ボランティアや現金寄付等にハードルが高いと感じる人でも、不要になったモノで気軽に社会貢献ができる「キモチと。」を通じて、NPOなどの団体にプラットフォームの提供と支援、リユースを推進するなどSDGsの目標12、17に取り組んできました。不要品があればだれでも参加できることや、近年フリマアプリが普及する中でも、購入者が見つからない方・スマートフォンアプリの利用が困難な方でも利用でき、累計約4億3,000万円規模の支援に繋がっています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/7754/45/resize/d7754-45-484de445ac4357955e55-3.jpg ]

【1日4,000人の子どもたちが予防可能な感染症で亡くなる現実とワクチンの必要性】


ポリオ、はしか、結核などの感染症は、途上国においては日常の脅威として、日々、多くの子どもたちの命と笑顔を奪い続けています。その数は1日4,000人。20秒に1人の子どもたちがワクチンの接種をすれば防げるはずの病気で亡くなっています。
私たち、「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)は、途上国の子どもたちにワクチンを届け、彼らの命と未来を守る活動「子どもワクチン支援」を行う民間の国際支援団体です。感染症のワクチンの多くは1人分20円、高いものでも約225円ととても安価です。UNICEFや各国の保健省と協力し、1994年から1億2,176万7,729人の子どもたちにワクチンを届けてきました。
募金やペットボトルキャップ回収、様々なタイアップ協力などを通した皆さまのご支援により、昨年は、ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツの4カ国に1億1,606万6,601円分のワクチンやコールドチェーン機器を贈りました。
[画像6: https://prtimes.jp/i/7754/45/resize/d7754-45-2d7b25ca804a99ed7220-5.png ]

【団体概要】


[表: https://prtimes.jp/data/corp/7754/table/45_1_ec188c682be608e10dd376e51b2875d6.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください