田原俊彦さん 逆境に生きた男の栄光と挫折の半生を語る 『GOLD12月号』

PR TIMES / 2014年11月7日 9時41分

『GOLD12月号』 11月7日(金)発売

この度、『GOLD12月号』(11月7日売/世界文化社刊)では、再ブレイクが注目されている、GOLD世代(40~50代女性)の心に最も焼きついた男・田原俊彦さんの、頑固で一途で不器用な誇り高き反骨の人生に迫る、特別インタビュー「田原俊彦という生き方」(全10ページ)を掲載します。




“僕に限らず、人生は山あり谷ありだけど。
 大切なのは「静」の時期に自分をどう保ってゆくか”

と、語る田原さん。逆境にあっても、くじけず、ひたむきに、『田原俊彦という職業』を貫いて前に進んでゆく姿に密着。
家族のこと、デビューのきっかけ、トップアイドル時代、“ビッグ発言”について、最高のステージを続ける今....。
栄光と挫折の我が半生について大いに語ってくださいました。
『GOLD12月号』(11月7日発売/世界文化社 刊)に、是非ご注目ください。


~栄光と挫折の我が半生を大いに語る~
「田原俊彦」という生き方
GOLD創刊1周年&デビュー35周年記念特別インタビュー

この人は、どうしてそんなに誇り高いのか。そして、一体、何に向かって闘いを挑もうとするのか......
頑なで、一途で、どこか不器用で、常に強気の姿勢をくずさず、いつしか自ら逆境を背負い込んでしまった男。
人生は決して思いどおりにいかないもの。しかし、この人の壮絶な生き様ほど、そのことを実感させるものはない。
逆境にあっても、くじけず、ひたむきに、自らを信じる道を前に進むその姿から、私たちは何を感じ取るべきなのか。
GOLD世代の心に最も焼きついた男の、決して平坦ではなかった半生をたどり、懸命に生きることの尊さを見つめる。

『GOLD 12月号』
発売日/2014年11月7日(金)
カバーミューズ/後藤久美子
定価/840円(税込)
発行/世界文化社
http://www.gold-web.jp/

■後藤久美子さんのアヴィニョン便り
 「今の私に心地よいベーシックスタイル」
■素敵な人はベーシックコートでつくられる
 熊沢千絵のガウンコートで「柔らかな女」
 田波涼子のチェスターコートで「かっこいい女」
 未希のダウンアウターで「可愛い女」
 相沢紗世のムートンコートで「艶のある女」
■田原俊彦 不器用でカッコいい生き方
■45歳からは目元ケアが物を言う!
■コート美人はまとめ髪上手
■もらって嬉しいおいしい手土産
■センスのいい人の楽しい食器棚    …and more

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング