リミニストリート、新しいAI(人工知能)アプリケーションでソフトウェアの課題解決にかかる時間を23%短縮

PR TIMES / 2020年6月9日 10時0分

顧客サービスにおけるイノベーションと実績ですでに複数の賞を受賞している新しいAIアプリケーション(特許出願中)により、ソフトウェア保守サポートのリーダーシップを拡大

エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーで、Salesforceのパートナーであるリミニストリート(Nasdaq: RMNI)は本日、特許出願中の新しいRimini Street Artificial Intelligence Support Applications(AIアプリケーション)によりソフトウェアの課題解決時間を23%短縮したことに加え、このAIアプリケーションが、顧客サービスにおけるイノベーションと実績でこれまでに2つの賞を受賞したことを発表しました。

ラスベガス、2020年5月27日 - エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーで、Salesforceのパートナーであるリミニストリート(Nasdaq: RMNI)は本日、特許出願中の新しいRimini Street Artificial Intelligence Support Applications(人工知能サポートアプリケーション。以下、AIアプリケーション)によりソフトウェアの課題解決時間を23%短縮したことに加え、このAIアプリケーションが、顧客サービスにおけるイノベーションと実績でこれまでに2つの賞を受賞したことを発表しました。この新しいAIアプリケーションは、保守サポートプロセスの最適化と、グローバルでの広範なサービス提供による成果を確実にするために、リミニストリートが絶え間なく行ってきた投資の成果です。


人工知能を活用した、より優れたクライアントエクスペリエンスの提供
AIアプリケーションは、リミニストリートのグローバルサービスデリバリーイノベーションチームによって開発されました。このチームは、お客様のサービスエクスペリエンス全体をさらに向上させる革新的なソリューションを開発することを使命としています。AIアプリケーションはオープンソーステクノロジーを利用して構築されており、今後新たにAIアプリケーションが開発された場合にも、併せてサポートプロセスに統合することができます。

このAIアプリケーションを利用すると、データに対する具体的で独自のインサイトとインテリジェンスが得られ、クライアントへのサービスとサポートの成果をシームレスかつ加速度的に向上させることができます。最初のAIアプリケーションには以下の機能を含みます。


Case Assignment Advisor – リアルタイムで数十の異なるベクトルを評価して、個々のケースに割り当てるべき適切なエンジニアリングチームを特定し、関連する専門家を適切な場所に適切なタイミングで配置して、クライアントの課題をより迅速かつ効果的に解決できるようにします。分析されるベクトルには、必要な専門知識、過去のケースのパフォーマンス、言語、今対応可能かどうか、エンジニアの対応件数、およびタイムゾーンの一致などが含まれます。
C-Signal – ケース、担当者、お客様のセンチメント分析(感情分析)と異常検知を実行して、潜在的な問題を予測し、発生を防ぐためのアクションを事前に提案します。


AIアプリケーションはリミニストリートの人工知能プラットフォームをベースに構築されています。このプラットフォームは、常に「学習」するAIアプリケーションを構築、トレーニング、実行するために使用されるインフラ、ツール、アルゴリズム、およびデータなどで構成され、情報を実行可能なインサイトに変換することで、より優れたサービスの提供を実現します。

リミニストリートのAIアプリケーションは、ケースの解決の時間を平均23%短縮し、以前よりもさらに迅速で効率的なケースの解決プロセスを提供するなど、すでにお客様に大きなサービスメリットをもたらしています。

「リミニストリートは、自分たちが以前からAIを使って何を行っていたのか、日々のサポート業務でこの先進的なプラットフォームをどのように使用しているのかを見せてくれました。今は私たち自身が、サポートの問題解決に要する時間の短縮など、このプラットフォームのメリットを実際に体験しています」と、BrandSafway社のCIOであるJay Fisher氏は述べています。「当社は5年以上前にリミニストリートとのパートナーシップを開始しました。これまでの対応が素晴らしいものであったため、他のアプリケーションにもサポートを拡大してきました。リミニストリートは、これからも素晴らしいパートナーであり、信頼できるアドバイザーです。当社がエンタープライズソフトウェアシステムを維持するためのさまざまな課題への対応をサポートしつつ、質の高い保守サポートを提供し、ビジネス成果の向上を支援してくれています。」


リミニストリートの実績あるサポートデリバリーモデルをベースに構築
リミニストリートのAIアプリケーションは、同社の実績あるサポートデリバリーモデルをベースに構築されており、すでに2つの賞を受賞しています。1つは「カスタマーサービスの革新」に対するスティービー・セールス&カスタマーサービス・アワード、もう1つは「顧客満足度の達成」に対するスティービー・アメリカン・ビジネス・アワードです。リミニストリートのグローバルサービスデリバリーチームは、17カ国、600人以上の経験豊富なフルタイムのソフトウェアサポートエンジニアで構成されており、24時間365日体制で対応しています。リミニストリートのサポートに切り替えると、クライアントが使用しているソフトウェアシステムにおいて平均15年の経験を持つ専任サポートエンジニア:プライマリーサポートエンジニア(PSE)が、機能および技術のエキスパートのチームとともに担当します。加えて、サポート業界をリードする同社のサービスレベル契約(SLA)では、優先度1のクリティカルなケースに対する応答時間が15分、優先度2のケースに対する応答時間が30分であり、お客様の満足度調査では一貫して5.0ポイント中4.8ポイント(最高点5.0ポイント)を獲得しています。

リミニストリートのAIアプリケーションは、業界アナリストが「プラグマティックAI」と呼ぶアプローチを活用しています。これは、チャットボットによる問い合わせ対応のような、カスタマーサービスプロセスにおける人間の対話を自動化で代替するやり方とは異なり、人と人とのつながりを強化するように設計されたものです。このAIアプリケーションは、機械学習と自然言語処理技術を使って現実世界の課題を解決するもので、各アプリケーションは顧客サービスに関連する特定の機能を備えています。AIアプリケーションによって行われる「作業」は、バックグラウンドでシームレスに行われ、お客様によるアクションは必要ありません。

「リミニストリートのAIアプリケーションに対するビジョンは、卓越したエンタープライズソフトウェアサポートの基準を常に更新する、よりプロアクティブで応答性の高いサポートプログラムを提供することです」と、リミニストリートのグローバルサービスデリバリー担当エグゼクティブバイスプレジデントであるBrian Slepkoは述べています。「リミニストリートは、世界的な規模で、お客様の成果を最適化するために必要な投資を行っています。このAIアプリケーションというリミニストリートのグローバルサービスデリバリーイノベーションチームによる最新の成果は、私たちがサポートにおけるイノベーションに重点を置くことの価値と、クライアントに適切なソリューションを届けるために、適切なタイミングで、適切な場所に、適切なサポートエンジニアリングチームを提供するという使命の重要性を示しています。」


リミニストリートについて
リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートにおいて業界をリードしており、またSalesforceのパートナー企業でもあります。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアライセンシーにおいて、大幅にコストを削減し、イノベーションのために資源を自由にし、より良好な業績結果を達成することが可能となる、プレミアムで、非常に応答性が高い、統合型のアプリケーション管理およびサポートサービスを提供しています。業界を問わず、フォーチュン500のグローバル企業、中堅企業、公共セクター組織等を含む約2,100社の顧客が、信頼できるアプリケーションエンタープライズソフトウェア製品とサービスのプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細は、 http://www.riministreet.comをご覧ください。またTwitter(@riministreet jp)、 Facebook、LinkedIn でリミニストリートをフォローしてください。(C-RMNI)

将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「~する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。これらの将来見通しに関する記述は、将来的な事象、将来的な機会、グローバルでの拡大およびその他成長に関する取り組み、およびそれら取り組みへの当社の投資についての期待に関する記述を含みますが、それらに限定されません。これらの記述は、さまざまな仮定および経営陣の現時点の期待に基づいており、実際の業績を予測するものではなく、過去に関する事実に基づく記述でもありません。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。COVID-19のパンデミックの期間と当社の事業に与える経済的、業務的、財務的影響が不明であることおよびCOVID-19のパンデミックに対する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業、または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事、リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。シリーズA優先株(13.00%)の条件および影響。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Service(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2020年5月7日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」に記載している事項、および適宜それら事項について将来的なForm 10-Kによる年次報告書で更新される内容、およびそれらの事項が将来的なForm 10-Qによる四半期報告書、Form 8-Kによる最新の報告書およびリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

# # #

(C) 2020 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリート・インクの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持するものでもありません。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング