「acure<アキュア>」の自販機 お支払にご利用いただける決済手段の種類を増やします

PR TIMES / 2020年3月11日 16時25分

■ 株式会社JR東日本ウォータービジネス(東京都品川区、代表取締役社長:竹内健治)は、
決済サービスを提供する株式会社ビューカード(東京都品川区、代表取締役社長:田浦芳孝)、
決済インフラを提供するJR東日本メカトロニクス株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:
川野邊 修)と連携し、2020年春以降、エキナカを中心に展開している「acure<アキュア>」の
自販機に、新たに7種類の決済手段をご利用いただけるマルチリーダライタの搭載を予定しています。
■ 多様な決済手段でのお支払を可能とすることで、キャッシュレス化を推進し、お客さまの利便性を高めます



<ご利用可能な決済手段>
・現在ご利用可能な交通系電子マネー※に加え、新たに「iD」「QUICPay」「nanaco」「楽天Edy」「WAON」「Alipay」「WeChat Pay」を追加予定です。
※交通系電子マネーとは「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca(マナカ)」「TOICA」「ICOCA」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」のことを指します。
※「PiTaPa」はご利用いただけません。

[画像1: https://prtimes.jp/i/38286/45/resize/d38286-45-533717-0.png ]

・新しく導入する決済手段は非接触式電子マネー決済※1とQRコード決済※2です。
・Suicaなどの交通系電子マネーは従来と同じ操作で、変わらないスピードでご利用いただけます。
・新たにご利用いただける決済手段は、マルチリーダライタで選択後、ご利用いただけます。・acure<アキュア>の自販機でのご購入の際に、電子決済の選択肢が大幅に広がります。
※1非接触式ICチップを搭載したカードや携帯電話などと、自販機の決済端末との間で無線通信を行う方式の電子決済です。(2021年1月開始予定)
※2自販機の決済端末に表示されたQRコードを携帯電話で読取る方式の電子決済です。(2020年7月開始予定)

<導入予定>
2020年春以降、7月までにacure<アキュア>の自販機に約1,000台の導入を予定しています。それ以降も順次導入を進めてまいります。

<新しく設置するマルチリーダライタ>
[画像2: https://prtimes.jp/i/38286/45/resize/d38286-45-356062-1.jpg ]



名称:VM-30
外形寸法:126mm×49.6mm×164.0mm
筐体色:黒
質量:約800g
動作環境(温度):-15℃~+60℃
画面寸法:4.3インチ


今後もお客さまにとって、より便利で安心してご利用いただける決済環境の提供を通じて、利便性の向上に努めてまいります。

※「iD」ロゴは株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「QUICPay」は株式会社ジェーシービーの登録商標です。
※「nanaco」は株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。
※「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
※「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。
※「Alipay」はアリババグループホールディングリミテッドの登録商標です。
※「WeChatPay」はテンセント・ホールディングスの登録商標です。
※「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「manaca(マナカ)」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。
※「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。
※「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
※「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング