植物由来乳酸菌 A221 株に関する新知見

PR TIMES / 2014年4月7日 12時26分

日本農芸化学会 2014 年度東京大会 3/27~30 にて発表

長瀬産業株式会社(本社 東京都中央区、代表取締役社長 長瀬 洋)は、この度、独自に扱っている植物由来乳酸菌 A221 株の機能に関して新たな知見を得ましたので、以下のタイトルで日本農芸化学会 2014 年度大会において発表致しました。

発表タイトル(2 題)
「植物中に含まれる配糖体に対する Lactobacillus paracasei A221 株の影響」
「Lactobacillus paracasei A221 株が「ケール」の表皮バリア増強作用に与える影響」
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

【研究の背景】

乳酸菌 A221 株 (Lactobacillus paracasei A221 株) は、伝統的な食品より分離され、これまでプロバイオティクス乳酸菌としての効果が報告されています(1)。また、オタネニンジンに含まれる配糖体(人参サポニン)を代謝し生理活性の高い成分に変換することで、オタネニンジンの薬効を改善する機能が報告されています(2)。
他方、我々が日頃頻繁に口にする野菜や果物においても多様な配糖体成分が豊富に含まれており、本乳酸菌の積極的な利用により、配糖体の代謝・変換を通して様々な食品素材の保健機能あるいは美容機能の強化の可能性が考えられます。
そこで今回、1.植物に含まれるいくつかの配糖体に対する乳酸菌 A221 株の代謝能力、2.配糖体を豊富に含む素材として青汁に用いられる「ケール」に着目し、その生理活性に与える本菌株の影響について検討を行いました。

【学会発表内容】

実験1. 植物に含まれる配糖体に対する乳酸菌 A221 株の代謝能力

‘配糖体’とは、植物中に含まれる成分の中で特にグルコース(ブドウ糖)をはじめとする種々の‘糖’が結合した成分の総称です。一般的に配糖体から糖が除かれたアグリコン体と呼ばれる成分に変わることで、より高い生理活性を発揮すると考えられています。また、ある種の腸内細菌にはこうした配糖体を代謝し、アグリコン体に変換する働きがあることも知られています(1)。乳酸菌 A221 株は、オタネニンジン配糖体(人参サポニン)に対し優れた代謝能力を発揮することから今回、Lactobacillus paracasei の基準株(NBRC15889 株)を比較対象に用い、野菜や果物に含まれるいくつかの配糖体について代謝効率を比較検討しました。その結果、乳酸菌 A221 株には基準株と比較し、一部の配糖体に対して高い代謝活性が認められました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング