北海道苫小牧市で当社3施設目となる太陽光発電所(メガソーラー)を建設

PR TIMES / 2012年10月30日 17時46分



 三井不動産株式会社は、山口県山陽小野田市および大分県大分市(三井造船株式会社との共同事業)に続いて、北海道苫小牧市で太陽光発電所(メガソーラー)を建設し、北海道電力に売電する事業を行います。本事業は、山口県山陽小野田市と同様、三井不動産株式会社の単独事業となります。
 
 本事業について、当社は電気化学工業株式会社および日本ゼオン株式会社が保有する不動産の有効活用と、エネルギー・環境問題の解決に積極的な活動を行っている両社のニーズに対するソリューションとして、土地を賃借しメガソーラーを建設することとなりました。また、当発電所で発電した電気については、北海道電力に売電する予定です。

 建設予定地の北海道苫小牧市は、北海道南西部の太平洋側に位置し、札幌から車で約1時間の距離にあり、道内でも比較的温和な気候で積雪量が少ないことから、年間を通してメガソーラーを稼働できる地域です。

 本施設では、日本製の太陽電池モジュール・設備を採用し、発電出力は約23MW(メガワット)となります。年間発電電力量に換算すると約2,400万kWhとなる見込みで、一般家庭の年間消費電力量約6,600世帯分に相当します。スケジュールは、本年11月に着工し、2013年度の稼働を目指しています。

 なお、既に発表済みの2施設(3施設とも2013年度稼働予定)を合計した発電出力は約53MWとなる予定で、年間発電電力量換算は約5,600万kWh、一般家庭の年間消費電力量約15,000世帯分相当になる見込みです。


<「(仮称)三井不動産 苫小牧太陽光発電計画」概要>
所在地   :北海道苫小牧市字沼ノ端134番88ほか
計画地面積 :約37ha
計画出力  :約23MW
事業主   :三井不動産株式会社
土地所有者 :電気化学工業株式会社および日本ゼオン株式会社
スケジュール:2012年11月 着工予定
       2013年度 竣工・運転開始予定
事業期間  :20年間



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング