機能安全基準へのシステムレベルでの準拠を簡素化する フリースケールの新しいSafeAssure車載ソリューション

PR TIMES / 2012年6月25日 14時40分

テキサス州サンアントニオ(フリースケール・テクノロジ・フォーラム)-2012年6月19日-フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、32ビット・マイクロコントローラQorivva(コリーヴァ)「MPC574xP」とシステム・ベース・チップ(SBC)の「MC33906/7/8」ファミリによる新しいSafeAssure(セーフ・アシュア)ソリューションを発表しました。フリースケールはSafeAssure機能安全プログラムにより、車載電子機器設計者が国際標準化機構(ISO)のISO 26262規格に適合する機能安全基準に準拠したシステムを開発する際の複雑な作業を軽減し、開発期間を短縮するためのサポートをします。今回発表したこのソリューションは、車載機能安全度水準(ASIL:Automotive Safety Integrity Level)で最も厳しいASIL Dを含むすべてのASILレベルを満たす車載システムの開発を可能にします。また、電動パワー・ステアリング、車両姿勢制御、車両ダイナミック・シャーシ制御、セーフティ・ドメイン制御、車間距離制御、およびブラインド・スポット検出などのアプリケーションに極めて有効です。

Qorivva MPC574xPマイクロコントローラおよびMC33906/7/8 SBCファミリは、システム・メーカーが機能安全基準に適合するシステムをより簡単に開発するための設計が徹底的に施されており、以下の特長を備えています。
・セーフティ・アーキテクチャのハードウェアを統合
・セーフティ・ソフトウェアの搭載
・開発期間を短縮するための包括的なサポート基盤

フリースケールのSafeAssureプログラムは、幅広い選択肢のマイクロコントローラ、センサ、アナログICに加えて、トレーニング、安全性ドキュメント、技術サポートを内容とする機能安全アプリケーション設計のサポートで構成されます。

フリースケールの副社長兼アナログ・ミックスド・シグナル・プロダクト・ディビジョン担当ジェネラル・マネージャであるガビン・ウッズは、次のように述べています。「フリースケールのシステムレベルのアプローチにより、開発者は先進の安全性能を盛り込んだシステムを安全基準に適合させるための手間を軽減することができます。フリースケールの新しい世代のSBCおよび最新のQorivvaマイクロコントローラにはSafeAssureプログラムという確固とした体制が整備されており、お客様はシステムレベルの機能安全の目標を達成することができます。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング