FIFワークショップ2013シリーズ「イノベーションで日本を強く」スタート

PR TIMES / 2013年8月12日 20時7分

第1回 未来を切り拓くIT~デンマーク・エストニアにおけるIT活用戦略

フューチャー イノベーション フォーラム(略称=FIF、代表=牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長兼社長)は、7月22日(月)にイノベーションワークショップ2013「イノベーションで日本を強く」の第1回を開催しました。




本ワークショップは次世代リーダーの育成と企業間の交流を深める場として、2007年にスタートしました。本年は、「イノベーションで日本を強く」をテーマに全4回をつうじ、ITを活用しながら国力をあげる海外の事例を学び、日本におけるイノベーションの可能性を探ります。

【開催概要】
 講演者: フューチャーアーキテクト株式会社 代表取締役会長兼社長 金丸恭文 
 テーマ:「未来を切り拓くIT」~デンマーク・エストニアにおけるIT活用戦略~
 日 時: 2013年7月22日(月) 18:00~19:15
 会 場: フューチャーアーキテクト株式会社

【講義概要】
私が所属する政府の規制改革会議「健康・医療ワーキンググループ」でも高齢化にともなう医療費増大は国の重要課題となっており、IT総合戦略本部においても安倍総理自身が先頭に立ち「国のIT戦略はどうあるべきか」、「ITでどのように世界と戦える日本をつくれるのか」ということをテーマに議論を重ねている。
「医療」や「教育」といった分野は、一国民として個々が真剣に考えるべきテーマだと考えている。そのヒントとなるべく、昨年の秋にデンマークで視察した「医療」、「教育」現場でのIT活用の取り組みを紹介したい。

◆デンマークのICT政策
世界経済フォーラムによるICT競争力ランキングや「国民幸福度」、「IT競争力」、「電子政府」といった各種調査において、デンマークはすべて日本の上位に位置している。
デンマークはICTを国家戦略の中心として捉え、「医療」、「教育」分野に特に力を入れITを活用しながら国民に充実したサービスを提供している。
EUが統合された際、EUは「知識(教育)」と「ICT」に注力した社会経済を目指すこととなった。デンマーク政府も1990年代半ばから行政のデジタル化を推進し、2000年からデジタル化による抜本的な「行政効率化」を目指してきた。その実現にあたり、デンマークでは、財務省のなかに政府を横串で見るデジタルタスクフォース(現デジタル庁)を立ち上げ、財務省の人間が電子政府関連の予算を掌握し、厳しい進捗管理のもと国家のデジタル化を進めていった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング