数式処理・数式モデル設計環境「Maple 17」、複合領域物理モデルシミュレータ「MapleSim 6.1」日本語版リリースのお知らせ

PR TIMES / 2013年4月18日 14時17分

計算処理速度の更なる高速化、アプリケーション開発の高度化と高効率化を実現



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、グループ会社のMaplesoft(本社:カナダ オンタリオ州、以下「メイプルソフト」)が開発・販売・サポートする数式処理・数式モデル設計環境「Maple(TM)(メイプル)」の 新バージョン「Maple 17」及び複合領域物理モデリング環境「MapleSim(TM)(メイプルシム)」の新バージョン「MapleSim 6.1」の日本語版の販売を2013年4月18日より開始することをお知らせいたします。

Mapleは、数式処理技術をコアテクノロジーとした数式処理・数式モデル設計環境であり、自動車、電気・電子、通信、金融をはじめとした技術計算分野における一般企業での利用や、数学、物理学、工学系の大学での研究・教育を目的として全世界で利用されております。また、MapleSimはMapleを計算エンジンとした、数式処理とModelica(R)(※1)を融合した複合物理領域(※2)でのシステムモデリング・シミュレーション環境であり、数式処理と数値計算を融合することで非常に高速な計算速度を実現し、自動車や産業機械、電力をはじめとする様々な産業分野で、大規模なシステムや制御対象のモデリングをベースに設計開発ツールとして活用され、近年では教育機関でも導入されております。

この度リリースするMaple 17 では、高度な数式処理・科学技術計算機能と、活用シーンを意識したユーザビリティを中心に機能改善を行い、より高速でより使いやすくなりました。また、微積分、統計学、物理学など広範囲に亘る理数系分野で45以上の数学アプリケーションMath Apps(※3)を新たに追加いたしました。これにより、数学や物理の概念が対話型操作を通じて理解することができます。更に、Math Apps を含むMaple ワークシート環境は、無償ビューア「Maple Player(PC 用、iPad 用)」を活用することでMaple ユーザ以外の方でも計算結果の可視化(グラフ表示)を手軽に実現し、情報共有することができます。
※ iPadはApple Inc.の商標です。

同時にリリースするMapleSim 6.1では、モデリングからシミュレーションまでのプロセスを更に高速化・安定化させるための機能向上を行いました。Maple 17の機能向上との相乗効果により数式処理を活用するプリプロセスが更に高速化され、API コマンドの改善・追加によりモデリングや解析に関するユーザビリティが大きく向上しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング