昨年は過去最多の応募者を記録 「第14回 新人お笑い尼崎大賞」の出場者を募集します~昨年に引き続き「落語の部」も開催決定~

PR TIMES / 2013年6月4日 17時7分

公益財団法人尼崎市総合文化センター(尼崎市、理事長:仲野 好重)は、今回で14回目となる「新人お笑い尼崎大賞」を開催するにあたり、「漫才・コント等の部」「落語の部」への出場者を募集します。



阪神電気鉄道HP → http://www.hanshin.co.jp/

この「新人お笑い尼崎大賞」は、漫才界、落語界等に多数の著名人を輩出している尼崎の地から、さらに新人を発掘し、育て広く世に送り出すことを目的として開催しているものです。昨年の同大賞には、「漫才・コント等の部」に380組、「落語の部」に44人の応募者があり、両部門合わせて応募者424組と過去最高を記録しました。
 「落語の部」は、尼崎市に古くから根付く「地域寄席」(注)などの文化を今後も継承していくことを目指して、阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)の協力により昨年創設されたもので、本年も同社の協力により開催いたします。
「新人お笑い尼崎大賞」は、8・9月に行われる両部門の予選会と、「漫才・コント等の部」の敗者復活戦を経て、9月29日の本選会で、大賞が決定します。

(注)定席ではないが、定期的に蕎麦屋や喫茶店などの場所を借りて行われる寄席


【「第14回 新人お笑い尼崎大賞」概要】

1 開催日及び場所
(1)予選会<漫才・コント等の部>
2013年8月17日(土)、18日(日)、19日(月)
尼崎市総合文化センター8階 多目的室

(2)予選会<落語の部>
2013年9月14日(土)、15日(日) 
尼崎商工会議所7階 701会議室

(3)敗者復活戦<漫才・コント等の部>
2013年9月21日(土)、22日(日) 
阪神出屋敷駅東口1階 特設会場他

(4)本選会<漫才・コント等の部、落語の部>
2013年9月29日(日)
尼崎市総合文化センター2階 アルカイックホール・ミニ「玉翔の間」


2 応募方法
○漫才・コント等の部…往復はがきに以下の必要事項を記入してお送りください。
 ※コンビ名、住所、氏名、年齢、電話番号、演目
○落語の部…下記3点を同封してお送りください。
 (1)必要事項を記入した所定の応募用紙
  (応募用紙は、下記事務局に請求またはHPからダウンロード)
 (2)予選の演目を上演しているところを収録したDVD
  (または、CD等の音声メディアに、写真を同封したもの)
 (3)返信用の長3封筒
  (自身の住所・氏名を明記し、80円切手を貼付したもの)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング