らでぃっしゅぼーやのクリームシチュールウ リニューアル発売

PR TIMES / 2015年10月7日 15時26分

トランス脂肪酸を大幅にカットしつつも、ミルク感のある飽きのこない味わいに仕上げました。

らでぃっしゅぼーや株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:国枝俊成)は、 2015年10月12日(月)、オリジナルシチュールウ『らでぃっしゅぼーやのクリームシチュールウ』をリニューアル発売します。昨今、問題視されている食品成分「トランス脂肪酸」を従来の商品より大幅にカットした製品です。食品添加物は無添加、トランス脂肪酸も抑えながら、鶏と野菜のブイヨンをベースにコクのある優しい味わいに仕上げています。



[画像1: http://prtimes.jp/i/6265/46/resize/d6265-46-845451-1.jpg ]


■トランス脂肪酸を大幅カットしつつも、従来製品以上にコクのあるやさしい味わいを実現
らでぃっしゅぼーやのオリジナル調味料の中でも人気の高いシチュールウ、同シリーズのカレールウよりも購入個数が多い製品です。2015年7月にトランス脂肪酸を抑えたカレールウシリーズの発売に準じて、人気のシチュールウも原料となる「硬化油」を「豚脂硬化油」に変更しトランス脂肪酸を抑えた商品の開発が可能となりました。 http://www.radishboya.co.jp/
※カレールウリニューアル発売時のプレスリリースはこちら→ http://corporate.radishbo-ya.co.jp/public_img/company/press/20150707release.pdf

■ほんのりベージュがかった色味においしさの秘密あり
[画像2: http://prtimes.jp/i/6265/46/resize/d6265-46-217513-0.jpg ]

沢に北海道産小麦やバターを使用し、ミルク感をだしています。香料などの添加物は一切使用せず、チキンエキスで動物性の旨み、野菜エキスで風味豊かな味わいにしており、それでいて後味がすっきりする食べやすい味を目指しました。
旨みがありながらもやさしい味になっているため、アレンジしやすく、どんな具材とも相性が良く、組み合わせる野菜の味をしっかり引き立てられるルウに仕上がっています。
市販されているシチュールウは一般的には、香料や化学調味料で味を調えるのに対し、らでぃっしゅぼーやのシチュールウはポークやチキンのエキス類を使用している為、どうしても色が出てしまう点に開発時の苦労がありました。一般的な真白いルウとは違い、ほんのりベージュがかった色は、自然の素材で作った証なのです。
1箱にルウ100gの2パック入りとし、少量ずつ使用できる使い易い商品です。


[画像3: http://prtimes.jp/i/6265/46/resize/d6265-46-743827-2.jpg ]

■2013年10月に新登場した「らでぃっしゅぼーやのクリームシチュールウ」スタートはお客様との共同開発商品
らでぃっしゅぼーやのお客さまの間ではカレールウを凌ぐ人気のクリームシチュールウ、想定される理由のひとつにお客様は小さいお子さまのいる家庭の方が多く、シチューはカレーに比べ「野菜をたくさん食べる」メニューになるということが考えられます。そこで、ターゲットを30代の若いお母さん世代、また野菜を積極的に摂取したいであろうシニア世代とし、開発に取り組みました。

味の最終決定は、お客さまによる試作品試食会を実施し、市販されているメーカーのシチュールウ、らでぃっしゅぼーやのオリジナルシチュールウとを食べ比べしていただき、味わいや自宅での使用シーンといった使い勝手の面などを伺い、製品へと反映させました。
[画像4: http://prtimes.jp/i/6265/46/resize/d6265-46-754010-5.jpg ]



[画像5: http://prtimes.jp/i/6265/46/resize/d6265-46-960016-6.jpg ]


<商品概要>
商品名:らでぃっしゅぼーやのクリームシチュールウ
価格: ¥370(税込価格¥399)
内容量:200g
原材料:小麦粉、豚脂硬化油、砂糖、脱脂粉乳、食塩、ポークエキス、バター、クリームパウダー(乳製品)、チキンエキス、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、野菜エキスパウダー、酵母エキス
販売開始日:2015年10月12日(月)~
購入方法:らでぃっしゅぼーやHP ( http://www.radishboya.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング