株式会社Speee、トレジャーデータ株式会社と協業し、アルパインマーケティング株式会社の掲げる次世代データ活用サービス「CCRM構想」の実現を支援

PR TIMES / 2020年3月19日 17時55分

データインテグレート手法と予測分析技術を活用した、「PAAM(Predictive Analytics And Marketing)」を提供する株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹、以下 Speee)は、英Arm(本社:英国ケンブリッジ、以下Arm)の日本法人であるトレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:内海 弦、以下 Arm Treasure Data)と協業し、アルプスアルパイン株式会社の子会社である、アルパインマーケティング株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:水野 直樹、以下 アルパイン )のマーケティング活動支援実施の業務契約を締結したことを、お知らせいたします。



■取り組みプログラム・概要
アルパインは、アルパインが保有する顧客及び位置情報データをはじめとする車両データを利活用することで、車販売・カーシェアリング向けのデータサービスやユーザー向け次世代コネクテッドサービスを実現する「CCRM(Customer & Car Relation Management)構想」を3月19日、発表しました。PAAMは、散在する顧客及び車両ビッグデータの統合・分析に、Armのカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data CDP」をデータ基盤として活用し、データインテグレート手法と予測分析技術を用いて、その構想実現を支援していきます。


[画像: https://prtimes.jp/i/14788/46/resize/d14788-46-375431-0.png ]



■アルパインの掲げる構想「CCRM(Customer & Car Relation Management)」
「CCRM(Customer & Car Relation Management)」は、顧客データおよび車両から得られるビッグデータを統合して一元管理した顧客車両カルテを、車販売やカーシェアリングに関わる事業者様へのマーケティング支援に利活用することによって、モビリティ業界全体の流通を促進させていきます。また、統合したビッグデータから顧客理解を深め、ユーザーの皆様にとってより価値の高いサービスを提供することで、次世代コネクテッドサービスの実現を目指します。アルパインは、多くの企業が本構想に参加・連携することで、この取り組みが加速すると見込んでいます。


■アルプスアルパイン株式会社について
アルプスアルパイン株式会社は1948年の創業以来、数多くのFirst 1・Number 1製品を生み出してきた電子部品および車載情報機器の大手メーカーです。現在では、世界26の国と地域に110拠点を展開し、スイッチやセンサ、データ通信モジュールなどのデバイス製品から、車載向け電子シフターや市販向けカーナビゲーションシステムなどのユニット製品、スマートフォンアプリやブロックチェーンを活用したデジタルキーなどのシステム/サービスなど、約40,000種類の製品・ソリューションを世界各国約2,000社のお客様へ提供しています。


■アルパインマーケティング株式会社について
アルパインマーケティング株式会社は、アルパイン株式会社(現、アルプスアルパイン株式会社)の日本国内マーケティング部門として2001年に設立しました。カーナビゲーション/カーオーディオを中心に、国内市販市場や自動車メーカー向けカーエレクトロニクス製品の企画、開発、販売などマーケティング全般を担当しています。2018年には車両の内外装一式をアルパインブランドでコーディネートする「ALPINE STYLE(アルパインスタイル)」カスタマイズカー事業をスタートし、福岡、横浜に店舗を構え、顧客のニーズやライフスタイルへの提案など、自動車全般に対して幅広いマーケティング活動を展開しています。


■Arm Treasure Data CDPについて
Arm Treasure Data CDPは、オンライン広告配信やマーケティング、CRM(顧客管理システム)などの領域において、顧客一人ひとりのデジタル上の行動ログデータや属性データなどのカスタマーデータを統合することで、パーソナライズを軸とした顧客ロイヤリティの向上やデジタルによるビジネス変革を可能とするプラットフォームです。



■株式会社Speeeについて
Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。MarTech事業、X-Tech事業等、幅広い領域を展開しています。

「PAAM(Predictive Analytics And Marketing)」とは、マーケターの意思決定を支援する、マーケティング支援サービスです。データインテグレート手法と予測分析技術の活用により、データドリブンなマーケティング環境構築と実行を支援することで、複雑化しているマーケティングの意思決定を支援し、マーケティングをアップデートしてまいります。


サービス名  :PAAM(Predictive Analytics And Marketing)
サービスサイト: https://paam.speee.jp

社名  :株式会社Speee
事業概要:MarTech事業、X-Tech事業
設立   :2007年11月
所在地 :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者 :代表取締役 大塚 英樹
資本金 :36,640,000円
URL   : https://speee.jp

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング