日本美食のマルチスマホ決済サービス「TakeMe Pay」に新たにPayPayの追加が決定!

PR TIMES / 2019年9月27日 10時0分



[画像1: https://prtimes.jp/i/22842/46/resize/d22842-46-864298-0.png ]



店舗向けマルチスマホ決済ゲートウェイ『TakeMe Pay』を提供する日本美食株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長:董路〔ドン ルー〕、以下日本美食) は2019年10月中旬よりTakeMe Payに新たな決済手法として「PayPay」が追加されることをお知らせ致します。

今回のPayPay追加により、従来から利用可能なAlipay、LINE Pay、Apple Payなど19種類に加えて、可能決済種類は20種類となり、業界では最多になります。PayPayの利用方法もとても簡単でユーザーは新規に専用アプリをダウンロードする必要はなく、現在利用中のPayPayアプリを開き、TakeMe PayのQRコードをスキャンするだけで、これまで通りに支払いが可能です。また、日本美食は10月1日の消費税率引き上げに伴い実施されるキャッシュレス・消費者還元事業の登録決済事業者として登録されていますので、登録加盟店舗においてTakeMe Payを通じてPayPayを利用すると消費者還元を受けることが可能です。また、PayPayなどの決済ブランドで実施される各種キャンペーンもTakeMe Payで対応いただけます。

マルチスマホ決済「TakeMe Pay」は、現在85カ国以上の方々に利用されていますが、今回のPayPay追加により、多くの日本人の方の利便性の向上が期待されます。日本美食では「世界中の決済を、ひとつに。」をスローガンとして、今後も続々と新たなペイブランドを追加し、国内外ユーザーのインフラとして日本におけるキャッシュレス社会の拡大を目指して参ります。

■マルチスマホ決済ゲートウェイ『TakeMe Pay』について
TakeMe Payは乱立するスマホ決済やクレジットカード決済を一つにまとめるPayです。
ユーザーに新たにアプリをインストールさせる事なく、“既に利用している決済アプリ”で設置されたQRコードをスキャンするだけで支払いが出来る店舗用のスマホ決済ゲートウェイです。ユーザーはその時に一番お得な決済手段を選ぶことが出来ます。さらに、決済種類はスマホ決済に限らず、クレジットカード支払いも可能です。
また、導入においては特殊な端末は不要でQRコードのみのため、人力車やタクシーなどレジ端末を持ち込めない場所でも導入利用されています。また、今後も多くの決済ブランドが追加予定で国内の乱立するスマホ決済の一元管理も期待されています。

参考:『TakeMe Pay』サービス紹介動画
URL: https://youtu.be/8zKhN5rLOmg

■とても簡単!『TakeMe Pay』のご利用方法
店頭にQRコードを設置すれば、あとはユーザーが利用したい決済アプリで読み取るだけで簡単に決済が可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/22842/46/resize/d22842-46-720775-1.png ]



※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です


■会社概要
【社 名】:日本美食株式会社
【所在地】:〒100-0013 東京都千代田区霞が関3−3−2 新霞ヶ関ビルディング 1801C号室
【U R L】: http://www.japanfoodie.jp
【代表者】:代表取締役社長 董 路
【設立年月】:2015年12月
【事業内容】:スマホ決済サービス・インバウンド集客サービス


■本件に関するお問い合わせ
【住所】:〒100-0013 東京都千代田区霞が関3−3−2 新霞ヶ関ビルディング 1801C号室
【連絡先】
Mail:info@japanfoodie.jp
TEL:03-6869-7988

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング