Interbrand “Japan’s Best Global Brands 2014” 「日本のグローバル・ブランドTOP30」及び「日本の国内ブランドTOP30」を発表

PR TIMES / 2014年2月12日 9時33分

・日本のグローバルブランドの合計金額は前年比5.8%増となり、ランキング史上最高!
・国内ブランドの合計金額も史上最高を更新、「日本ブランド」はリーマンショック超え
・Toyota, Nissan, Bridgestone, Subaru, Mazda等自動車ブランドが大躍進
・Uniqloのブランド価値は、Gapを超え、“グローバルランク入りの水準”へ
・SuntoryとYamatoが初のランクイン




世界最大のブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、日本発のブランドを対象に、“世界基準”によるブランド価値評価ランキング“Japan’s Best Global Brands2014(日本のグローバル・ブランドTOP30)”を発表します。本ランキングはグローバルな事業展開を行う日本発のグローバルブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので、本年で6回目となります。この評価結果は2000年より毎年公表するグローバルのTOP100のブランドランキング“Best Global Brands”と比較可能なものとなります。

また併せて、4回目となる「日本の国内ブランドTOP30」も発表します。

1.“Japan’sBest Global Brands 2014 (日本のグローバル・ブランドTOP30)”
安倍内閣の積極的な金融・財政政策による円高是正や景気の好転に加えて、東京オリンピック招致や富士山の世界文化遺産登録など、久々の明るいニュースに日本中が沸いた2013年は、年末の日経平均株価も前年比56.7%の上昇となり、リーマンショック前の水準に戻る状況となっています。世界経済は景気の再浮上局面に入り、日本企業にとっては反転の兆しが見えてきた年となり、「日本のグローバル・ブランドTOP30」にランクインする30のブランドの価値の合計金額は、前年比5.8%増となり、リーマンショック直後にスタートした本ランキング公表後最高となる1,198億8,900万USドルという結果となりました。

円高是正のもと、グローバル市場でのプレゼンス向上で競争力を回復した自動車関連ブランド

今回の評価では、自動車関連ブランドがそのブランド価値を大きく伸す結果となりました。Toyota(+17% 1位)は徹底的な生産改革や新設計構想「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」をはじめとする新しいクルマづくりの革新を進め、2014年3月期の営業利益は3兆円を超えると予想されています。また2012年度に過去最高のグローバル販売台数を達成し、ブランド価値は前年比25%増となったNissan(5位)や、2013年度に過去最高の営業利益と「ミシュラン超え」の営業利益率達成が見込まれるBridgestone(+21% 12位)も大きくブランド価値を上げています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング