ひし形デザインのポット型浄水器がグレードアップして登場「ナヴェリア」2012年9月上旬からリニューアル新発売

PR TIMES / 2012年7月10日 17時45分



ひし形デザインのポット型浄水器がグレードアップして登場
「ナヴェリア」
2012年9月上旬からリニューアル新発売
~新カートリッジ搭載&さらにスタイリッシュに~

家庭用浄水器メーカーのBRITA Japan株式会社(東京都渋谷区、代表者:オンノ・ヤーリンク)は、冷蔵庫のドアポケットに入れてもデッドスペースを作らないひし型デザインのポット型浄水器「ナヴェリア」を一部改良し、9月上旬より全国で順次発売します。

「ナヴェリア」は、日本の皆様にもっと使いやすく、もっと身近に感じて頂きたいという想いのもと、日本の冷蔵庫事情を考慮しデザインされたブリタ初のひし形モデルです。無駄な部分を最小限におさえたスマートな見た目ながら、1.3リットルの浄水部容量も持ち合わせ、料理にもお使い頂けるサイズです。
2008年の日本で発売された後、各国でも発売され、世界各国で愛用されています。デザイン性が高く評価され、2008年グッドデザイン賞(日本)、2009年レッドドット・デザイン賞(ドイツ)を受賞しています。今回のリニューアルでは、水受け部のファンネルをクリアにし、さらにスタイリッシュさが際立つデザインとなりました。

さらに、このモデルには、日本市場向けに改良された新「マクストラカートリッジ」を搭載します。より安心してBRITAをお使いいただくために、全部で12項目の物質除去が可能となりました。独自のろ過システム「マクストラフローコントロール」を採用し、余分な圧力をかけずに自然なスピードで水とろ材の理想的な接触時間を生み出し、よりまろやかなおいしい水をつくります。BRITAのおいしさにさらに安心が加わった日本仕様のカートリッジです。

---------------
ナヴェリア特長
---------------
1.BRITA初のひし形デザイン/日本発モデル
ドイツのBRITAデザイナーが来日し、日本の冷蔵庫事情を徹底的に調査。その後、日本人スタッフとの打ち合わせを重ねて生まれた、日本発のモデルです。日本のスペースが限られた冷蔵庫に入れてもデッドスペースを作らないように設計された、こだわりのひし形デザインです。

2.注いだ水の量が見えるクリアファンネル

3.たっぷり使える浄水部容量1.3 リットル
見た目はコンパクトでも、浄水部容量はたっぷり1.3 リットル。
心置きなく料理にもお使い頂けます。

4.交換時期が分かる液晶メモ付き
フタには液晶インジケーター「メモ」が付いており、フィルターの交換時期が一目で分かります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング