深夜や休日におけるスマートデバイスの盗難・紛失時に情報漏えいリスク等を低減する「セルフリモートワイプ」サービスの提供開始

PR TIMES / 2013年4月19日 12時41分

なくした!と気がついたら、利用者自身が電話1本でスマートデバイス内のデータを遠隔消去できるオプションサービスを月額300円で提供



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、サイバネットクラウドで提供しているマルチデバイス対応のIT資産管理/MDM「PC&モバイル管理サービス」のオプションに、新たに「セルフリモートワイプ」(以下「本サービス」)を追加し、2013年4月19日より販売開始することをお知らせいたします。

スマートデバイスの業務利用が本格化する中、サイバネットクラウドでは、Windows PCやMac、スマートデバイスの一元管理をはじめ、スマートデバイスの盗難・紛失対策に不可欠なリモートワイプ(遠隔操作によるデータ消去)/ロック(遠隔操作による端末操作の無効化)の機能を備えた「PC&モバイル管理サービス」を提供しております。ただし、このサービスはIT管理者による操作が必要なため、業務時間外や深夜、休日などのIT管理者不在時には、即座に対応することが困難でした。

そこで、今回オプションに追加する本サービスは、スマートデバイスの盗難・紛失時に、利用者自身が専用番号に電話をかけ、ユーザーIDとパスワードを入力(プッシュ)するだけで、スマートデバイス内のデータが消去され、工場出荷時の状態に戻ると同時に、通信回線を停止することができます。本サービスにより、利用者は、情報漏えい対策を自ら講じることができ、導入企業においては、24時間365日、スマートデバイスの情報漏えいリスクや不正利用を低減することができます。

サイバネットクラウドは、今後もクライアント端末の導入や運用の管理工数削減及びコストの削減に貢献するサービス・機能を順次拡大する予定です。

=========================================================
セルフリモートワイプの概要
=========================================================
本サービスは、エス・アンド・アイ株式会社が提供する「sactto!リモートワイプ」を利用しております。「PC&モバイル管理サービス」の契約者は、スマートデバイス登録情報を一括で本サービスに登録することができます。これにより、管理者の負荷低減と高いセキュリティレベルを両立することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング