“飲みニケーション”は今も健在? 約36%が、月1回以上職場の飲み会に参加 [宅ふぁいる便リサーチ/エルネット調べ]

PR TIMES / 2013年1月28日 10時41分

職場の飲み会の予算は、1回につき4000円未満が相場

送別会や歓迎会、お花見など、春は、オフィシャルな“飲み会”が増える季節。実際のところ、職場の飲み会は月あたりどれくらいの頻度で、どの程度の費用をかけて行われるのでしょうか。

大阪ガスグループのマーケティング会社・株式会社エルネット(大阪府大阪市西区靱本町1-10-24 三共本町ビル、代表取締役社長:中屋 吉広 http://www.lnet.co.jp)では、自社が運営するオンラインストレージサービス「宅ふぁいる便」ユーザーを対象に、2012年12月3日~2013年1月6日 に『職場の飲み会に関するアンケート』を実施しました。

http://c.filesend.to/plans2/ranks/body.php?dalist=20130123_1



 職場の飲み会が回答者にとってどのような場であるのかを聞いたところ、「やや仕事の延長線上の場」が39.0%、「やや仕事を離れた息抜きの場」35.2%、「仕事の延長線上の場」17.1%となりました。職場の飲み会は、どちらかといえば「仕事の延長線上」にあるようです。ただし、従業員数が50人以下の会社や、入社してから5年未満の新人にとっては、やや「息抜きの場」寄りの結果となりました。


 続いて職場の仲間と飲みに行く頻度を尋ねました。 結果は「月に1回」15.4%、「月に2-3回」13.1%、「月に4回以上」というツワモノが7.6%。「不定期」との回答が62.2%と多く、「基本的に参加しない」派は、わずか1.7%となりました。会社規模が大きくなるにつれ、また、社歴が長くなるにつれて「月に4回以上」飲み会に参加する層の割合が増えているのが特徴的。職場の飲み会イメージが、やや「仕事の延長線上」と捉える割合が高いことを踏まえると、残業後に飲みに出かけ、その場で業務の相談や進捗確認をするという場面も多いのかもしれません。


 利用するお店のジャンルは、「居酒屋」が91.0%と大多数。次いで「焼き鳥・焼肉」39.2%、「和食」34.2%となりました。1回あたりの平均費用は「3000円以上4000円未満」が39.7%、「2000円以上3000円未満」が27.1%、「4000円以上5000円未満」が21.4%。職場の飲み会費用の相場は4000円未満が主流のようです。息抜きの場、仕事の延長線上の場、どちらにしても楽しく飲みたいものですね。

 

◆詳しい調査結果は「宅ふぁいる便 週刊マーケターリサーチ」に掲載
 http://c.filesend.to/plans2/ranks/body.php?dalist=20130123_1

 --------------------------
  ●調査方法:宅ふぁいる便リサーチ
  ●調査対象:宅ふぁいる便ユーザー
  ●調査地域:全国
  ●サンプル数:507名
  ●調査期間:2012年12月3日~2013年1月6日
 --------------------------

◆ 週刊マーケターリサーチ
株式会社エルネットによる独自の生活者調査の結果を掲載。内容は、ビジネスから生活全般まで、多岐にわたります。お役立てください。
http://c.filesend.to/plans2/ranks/

◆ 上記調査や「宅ふぁいる便リサーチ」の活用についてのお問合せは下記、お問合せフォームよりお願いいたします。
お問合せフォーム
http://www.filesend.to/inquiry/mail_info.phtml


===========================

大阪ガスグループ
株式会社エルネット
インタラクティブマーケティング事業部

【東京】
〒101-0036
東京都千代田区神田北乗物町12 大竹ビル3F
【大阪】
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-10-24 三共本町ビル10F

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング